ドキュメント 日銀漂流――試練と苦悩の四半世紀

著者 :
  • 岩波書店
4.60
  • (9)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614382

作品紹介・あらすじ

ゼロ金利、量的緩和、インフレ目標、政府との共同声明、異次元緩和——。異例の金融政策の背後で、いかなる議論や駆け引きが行われていたのか。日銀法改正から菅政権発足まで。日銀に密かに眠るオーラルヒストリーを基に、悲願の「独立性」を追い求めて後退戦を余儀なくされてきた新日銀歴代総裁の苦闘の歴史を白日の下に晒す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日銀を通して四半世紀の金融状況、ゼロ金利、量的緩和、リーマンショック、東日本大震災、欧州債務危機、インフレ目標、異次元緩和などのドキュメント本です。ドラマチックでした。
    印象に残った文章
    ⒈ 我が国で最も高いと言われている総裁の給与、年収、総裁が5133万円、副総裁が3714万円、ちなみに内閣総理大臣が4488万円・・・
    ⒉ 肖像画は一千数百円と聞きました。
    ⒊ 「異次元緩和」「黒田バズーカ」の異名が広がっていく。

  • 非常に面白い。
    バブル期以降の日銀にスポットを当ててドキュメントで書かれている。ので著者個人の見解等はほとんど入っていない、この点が非常に良い。
    単なるドキュメントであるがずらずらとただ書き並べているだけではなく非常に重点を絞っているので簡潔で読みやすく面白い。
    一方で重要な事態以外の部分はさらっと描かれているのでその部分を資料として必要な場合は別途検証した方が良い

  • ・日銀法改正から菅政権までの数々の難局を乗り越えてきた日銀総裁以下メンバーの四半世紀のドキュメントです。
    ・非常に丁寧にその当時の情報や、登場する人々の考え、行動が記録されており、金融政策に詳しくない方でも熱い男たちのドラマとして読めます。
    ・私としては金融政策の変遷や背景を知りたかったので楽しめました。今後はそのそれぞれの政策がどの程度経済に効果を与えたのか数値的に考えられるものもあれば良いなと思います。

  • 日銀の漂流ぶりが見事に描かれている。あきることなく読めた。歴代の人物像が浮かび上がってくる。金融緩和の具体的な方法については素人でも分かるようにもっと詳しく書いて欲しかった。

  • 「日銀」を中心とした、平成日本経済金融史2021/02/11
    1990年代バブル崩壊から、停滞の30年 日本金融の記録
    1997年金融危機の最中に、日本銀行法の改正が行われ、日本銀行は待望の「独立」を果たすが、他方、政治や世間と直接向き合うことの責任の大きさは望外に大きなものとなった。
    2020年コロナ禍のアベノミクスは金融政策を難しくし、結果的には徒に金融緩和を続ける、「日銀漂流」の事態に陥ってしまった。
    日銀総裁を時代区分とするまとめ方も「理念・思想」による経済政策史としてユニークであり、成功していると思う。
    2021/02/16日銀漂流 西野智彦☆☆☆
    1997年6月日銀法改正 戦時法「日銀は国策機関」から「日銀独立」へ
    Ⅰ.松下総裁1996-1998
      日本版ビッグバン(橋本総理)フリー・フェア・グーバル
      通貨危機・金融危機
      日銀特融はつなぎ資金 公的資金は決断できず
      接待事件 松下総裁・福井副総裁辞任
    Ⅱ.速水総裁1998-2003
      銀行国有化 長銀・日債銀
      99年02月ゼロ金利政策導入 リフレ派の批判「量は絞っている」
      00年08月0.25%へ引上げ 「議決延期請求権」政府
      米国ITバブル破裂 株価下落・経済変調
      01年03月量的緩和政策 福井前副総裁「量的緩和は無意味」
      「株式買入れ枠2兆円」日銀自己資本に相当→実質公的資金資本注入
      竹中プラン「金融再生プログラム」
      インフレ・ターゲット 浜田宏一岩田規久男ー山本幸三 本田悦郎 高橋洋一 中原
    Ⅲ.福井総裁2003-2008 岩田一政・武藤敏郎
      2003年05月りそな救済「繰延税金資産」 公的資金2兆円 日銀特融
      円売り大介入 非不胎化介入 量的緩和を支持する米国の許容
      小泉政権で最も効果のあった経済政策「為替介入と金融緩和」
      円キャリートレード Globalな過剰流動性の問題
      出口戦略=オペ期間の短縮化→在任中に「量的緩和をやめたい」
      2005年平成の大合併 郵政民営化法案
      11月CPIプラスに浮上 
      2006年03月「量的緩和の解除」へ 安倍晋三官房長官の反対
      村上ファンド問題のダメージ
    Ⅳ.白川総裁2008-2013 衆参ねじれ 武藤総裁・白川副総裁・伊藤隆敏副総裁
      新日銀法では異なる議決の調整は規定されていない 両院一致のみ
      08年03月米国サブプライムローン金融危機 
      「リーマンショック」 8,000社の系列会社 10万異常の債権者
      9月13日チャプター11 (中曽局長97年三洋証券の会社更生法の反省)
      白川総裁は「金利機能」重視 現場雨宮は「資金繰り支援」白川は頷かず
      企業金融というミクロの資源配分に中央銀行は関わるべきではない→政府系金融機関
      (白川)日銀の緩和政策出し惜しみ 円相場急ピッチの上昇90円割り込む
      「包括緩和」 あくまで金融政策目標は「金利」
      「日銀の独立」 政策目標は政府と協議、政策手段は完全な独立
      「2012年12月26日第二次安倍内閣発足」
      ①大胆な金融政策②機動的な財政政策③民間投資を喚起する成長戦略
      「アコード」→「共同声明」 反対は木内・佐藤審議委員
    Ⅴ.黒田総裁2013- 中曽宏・岩田規久男
      日銀黒田総裁人事←安倍総理・麻生大臣・浜田宏一・本田悦郎+企画理事雨宮正佳
      4月4日政策決定会合「2%,2年,2倍」M138兆円→270兆円
      円安78円→95円 株価 8,600円→12,400円
      Buy My Abenomics (財務省) 真珠湾、ミッドウェーに行かないと良いが 国の債務1,000兆円
      2014年春 CPI+1.5% GDP+2.6% 企業収益も改善
      2014年04月 消費税引上げ 5%→8% 「景気急ブレーキ」 原油価格急落
      2014年10月 第二弾異次元緩和サプライズ「30兆円 3年 3倍」 バズーカⅡ 円安株高
      審議委員4名反対 「財政ファイナンス」 森本・石田・木内・佐藤 4:4
      銀行の支持 ①超過準備0.1%付利継続 ②国債買いオペ言い値=所得移転・補助金
      2016年01月25日「マイナス金利」三層構造 ⇒国民・銀行は反対・反発
      2016年09月「過去3年半 異次元緩和の総括的検証
      異次元緩和 時間軸政策
      ①イールドカーブ・コントロール 長短金利 短期金利-0.1% 10年ものゼロ%
      ②国債買入れ 年間80兆円
      ③ETF・REIT買入規模は維持
      ④CPI2%超までマネタリーベースは拡大
      2016年11月米大統領トランプ当選
      2018年04月黒田総裁再任 若田部昌澄 雨宮正佳
      安倍総理アベノミクス採点表①雇用②株価③企業業績④物価✕
      2018年11月日銀総資産553兆円>GDP
      2020年04月コロナ緊急事態宣言

  • 東2法経図・6F開架:338.4A/N85d//K

  • 日銀を取り巻く諸情勢がどんなものであったか、できる限りファクト・ベースで書かれた貴重な本。かなり日銀のみならず財務省、金融庁さらには政治家にまで取材をして、その上で国会議事録とかの公式文書を、場合によっては注釈を付けて綿密に記録を残してある良書です。霞ヶ関の劣化は言われて久しいが、日銀の経営層の劣化がいかに酷く進んでいるかがわかる。黒田後の日銀立て直しには数十年かかる気がする。

    • Verfassungslehreさん
      三重野氏以降の歴代日銀総裁の時代に何が起きていたか、基本的にはファクト・ベースで綿密に書かれている。読んでいてつくづく感じるのは、安倍晋三が...
      三重野氏以降の歴代日銀総裁の時代に何が起きていたか、基本的にはファクト・ベースで綿密に書かれている。読んでいてつくづく感じるのは、安倍晋三がこの国を壊し切ったということ。先に白川氏の著書を読んでいたので、退任の際に意外にも毛筆の書面を送り礼を尽くした麻生氏と違い、慣例の送別慰労の席すら設けない安倍晋三の人間としての懐の浅さに唖然とする。取り巻きだけを優遇するのが、この男の生き方なので、モリカケ、桜も必然的なスキャンダルとしか思えない。黒田時代の、セントラル・バンカーの矜持を失った各種通貨供給策は、コロナ後の金利上昇局面で「人為的に」抑え込まれた場合には、この本の終盤に描かれた危惧は、まともに表に出てくることは間違いない。黒田の罪は重い。
      2021/01/19
  • ふむ

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

西野智彦
1958年、長崎県生まれ。慶應義塾大学卒業後、時事通信社で編集局、TBSテレビで報道局に所属し、日本銀行、首相官邸、大蔵省、自民党などを担当。主な著書に『検証 経済失政』『検証 経済迷走』『検証 経済暗雲』がある。

「2019年 『平成金融史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西野智彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川越宗一
リンダ グラット...
カルロ・ロヴェッ...
小峰 隆夫
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドキュメント 日銀漂流――試練と苦悩の四半世紀を本棚に登録しているひと

ツイートする
×