はじめての言語哲学

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614450

作品紹介・あらすじ

言語の意味に関する哲学的な問題と、その解決のアイディアの基本を読者とともに考察するタイプの入門書。意味に関する合成原理と「いま」「ここ」「わたし」などのインデクシカル(指標詞)を中心に置き、文の構造に即して基礎から一歩ずつていねいに解説する。随所に設けられた「問いかけ」で理解が深まる(解答あり)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【書誌情報】
    著者:八木沢 敬
    本体2,200円+税
    刊行日:2020/12/17
    9784000614450
    四六 並製 カバー 202ページ
    未刊・予約受付中

    言語の意味に関する哲学的な問題と、その解決のアイディアの基本を読者とともに考察するタイプの入門書。意味に関する合成原理と「いま」「ここ」「わたし」などのインデクシカル(指標詞)を中心に置き、文の構造に即して基礎から一歩ずつていねいに解説する。随所に設けられた「問いかけ」で理解が深まる。
    https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b548862.html

    【簡易目次】
    はじめに

    第1章 意味とは何だろう ――思考の表現としての言語
     1 思考とその表現:命題
     2 部品とその組み合わされ方:合成原理
     3 「わたし」とは何を表現するのか:インデクシカル
     4 述語は性質を表現する:述定
     5 述語の意味がわかるとは?:外延と内包
     6 文の真偽を決める条件:真理条件

    第2章 「アリストテレス」とは何を指すのか ――固有名
     1 「アリストテレス」のかわらぬ意味?:固定指示子
     2 形而上学的インテルメッツォ
     3 「アリストテレス」はアリストテレスを指す:指示決定
     4 むかし誰かが「アリストテレス」とよんだ:因果説
     5 ややこしや名前と名づけの取りちがえ:指示意図

    第3章 キケロとトゥリウス ――固有名と記述
     1 「キケロ」の意味がキケロだと困る
     2 キケロとトゥリウス:合成原理の放棄?
     3 名前と対象との混同?:メタ言語
     4 翻訳すればわかる:文の理解とはどういうことか
     5 フレーゲ登場……しかし
     6 ラッセルのカミソリの切れ味は?
     7 センスと指示対象をわけてもうまくいかない

    第4章 日本の大統領 ――確定記述
     1 「すべての」文の形:量化構造
     2 「四角い円はまるい」のか:記述の理論
     3 「必然的に」がくわわると……:様相の文脈
     4 様相はどこにかかるかで大ちがい:デ・レとデ・ディクト
     5 名詞句の意味

    第5章 トラとサイコロはどうちがう? ――普通名詞
     1 「双子地球」という思考実験
     2 「意味は,頭のなかなんぞにありゃしない」
     3 意味の社会性とはどういうことか
     4 「金」の指すもの:固定指示
     5 トラとサイコロのちがい:自然種と人工種

    第6章 さまざまな「ある」 ――存在と述定
     1 「ある」と「である」
     2 「である」と「である」

    第7章 そんなこといってない?――言語コミュニケーション
     1 命題への態度
     2 いいあらわされた意味と汲みとられた意味
     3 「会話のふくみ」

    第8章 言葉でできること ――言語と行為
     1 間接的な行為
     2 直接的な行為

    「問いかけ」の答え
    参考文献
    あとがき
    索 引

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1953年生まれ。Ph.D.哲学、プリンストン大学、1981年。現在、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校人文学部哲学科教授。専攻は、分析哲学、形而上学、言語哲学。著書に『世界と個体、可能と不可能』(英語)オックスフォード大学出版局、2010年。英米圏で活躍する分析哲学者だが、日本語の著書に『分析哲学入門』『意味・真理・存在』『神から可能世界へ』(以上、講談社 選書メチエ、「分析哲学入門」初級、中級、上級三部作)がある。

「2016年 『『不思議の国のアリス』の分析哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八木沢敬の作品

ツイートする
×