宗教と風紀: 〈聖なる規範〉から読み解く現代

  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614474

作品紹介・あらすじ

法や規則として、あるいは暗黙の了解として、社会のなかで守ることを期待されるルール=〈風紀〉。宗教とのかかわりを軸に、その複雑でダイナミックな動態を読み解く。エジプト、イラン、ウズベキスタン、中国、フランス、ドイツ、サウジアラビア、アメリカ、日本、そしてイスラーム国まで、新たな領域を拓く共同研究

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

高尾賢一郎

1978年生まれ.同志社大学大学院神学研究科博士後期課程修了.博士(神学).在サウジアラビア日本国大使館専門調査員,日本学術振興会特別研究員PD(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)などを経て,2019年4月より中東調査会研究員.専門は宗教学ならびに現代イスラーム思想・社会史.著書『イスラーム宗教警察』(亜紀書房,2018年)、『宗教と風紀』(岩波書店,2021年,共著).訳書 サーミー・ムバイヤド『イスラーム国の黒旗のもとに』(青土社,2016年).

「2021年 『サウジアラビア―「イスラーム世界の盟主」の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高尾賢一郎の作品

ツイートする
×