自由原理 来るべき福祉国家の理念

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614535

作品紹介・あらすじ

人々の善き生を目指す福祉国家。だが、福祉を根底から規定する善き生とは何か、私たちは知らない。本書は、様々な思想家による福祉国家の思想を体系的に示すとともに、ケイパビリティ論、リバタリアン・パターナリズム、善き生論という3つの軸から、善き生を促す福祉国家へと社会を導くための新しい自由原理を描き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:364A/H38j//K

  • 364||Ha

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

橋本 努(はしもと つとむ) 1967年生。1996年東京大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻博士課程単位取得満期退学、1999年学術博士。現在 北海道大学大学院経済学研究院教授。 著書:『社会科学の人間学』(勁草書房、1999)、『ロスト近代』(弘文堂、2012)、『現代の経済思想』(編著、勁草書房、2014)、『ナッジ!?』( 共編著、勁草書房、2020)、『自由原理 来るべき福祉国家の理念』(岩波書店、2021)ほか。

「2021年 『ロスト欲望社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本努の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木哲也
ローレンス・ハミ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×