• Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000614719

作品紹介・あらすじ

なぜ資本主義は暴走するのか。マルクス・ガブリエル、ウォーラーステインら世界の知識人が、欲望、市場、ジェンダー、構造的危機、エコロジーなどの論点から危機の原因と克服の可能性を語る。『思想』で好評のインタビュー・シリーズに、ガブリエル、J.B.フォスター(2020年ドイッチャー記念賞受賞)を加え書籍化。聞き手=大河内泰樹、斎藤幸平、G.カーティ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学術的な思考による批判評価が多く、現実の経済へ向けたヒントになるものは数少ない。だが、ガブリエルの「資本主義は欲望を生み出さなければならない」欲しいと思わせる数値を捻出して錯覚を生み出す社会になっているという。さらに今後はネット(サイバー独裁性)により民主主義を破壊する可能性が高いと言う。今後デジタル社会はどの方向に進むのか、物事を深く考えないネット(データ等)に頼る世界は「錯覚社会」になっていくかも知れない。

  • トランプはアメリカ=商品

  • マルクスガブリエルさんのお話と思いきや、ほとんどアクセルホネットとナンシーフレイザーの「再配分か承認か」の補足に対して、ジョンベラミーフォスターのマルクス資本論のエコ再発見の流れでした。後半は斉藤幸平さんの本の内容にも近い話があり、エコ社会を目指すためには新しい社会システムが必要なんだなと感じました。週末は街へ買い物に行くのではなく、森や山、川、海、公園へ遊びにいきたいです。

  • インタビュー形式なので、読みづらかった。

  • 東2法経図・6F開架:362A/G11s//K

  • 錯覚を生み出す、ずっと欲しがっていたかのような印象を与えることが資本主義の本質。
    資本主義は、民主主義を破壊するもの。

  • 資本主義がわからない。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

哲学者

「2022年 『わかりあえない他者と生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マルクス・ガブリエルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ロヴェッ...
アンデシュ・ハン...
トマ・ピケティ
セルジュ・ラトゥ...
カズオ・イシグロ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×