日本語 笑いの技法辞典

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000803205

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 笑い研究の一つの到達点なのか。技法を分類するという方法論は興味深いが、妥当性についてはどうかというところもある。

  • 12類287種に分類(笑)

    岩波書店のPR
    「おかしさ」にはワケがある.ことばによってもたらされるおかしさを,徹底的に分析し12類287種に分類,具体的な例を引いてわかりやすく解説する.著者自身の言語と文学と笑いの研究が,『語感の辞典』『名表現辞典』と並ぶこの辞典で,辞典三部作として集大成.ユーモアあふれる話し方・書き方を指南する12のコラム付き.
    https://www.iwanami.co.jp/book/b325124.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

国立国語研究所室長、成蹊大学教授等を経て、早稲田大学教授、現在名誉教授。主著に『日本語 語感の辞典』(岩波書店)『悪文』『人物表現辞典』(筑摩書房)『比喩表現辞典』(角川書店)『感情表現辞典』『感覚表現辞典』(東京堂出版)など。『角川新国語辞典』編集委員、『三省堂類語新辞典』編集主幹など。

「2020年 『類語分類 感覚表現辞典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村明の作品

ツイートする