プラトン全集〈1〉エウテュプロン ソクラテスの弁明 クリトン パイドン

著者 : プラトン
制作 : 今林 万里子  松永 雄二  田中 美知太郎 
  • 岩波書店 (2005年1月25日発売)
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000904117

作品紹介

信頼できる邦訳全集の決定版。正確・平明な訳文、周到な訳注・解説のほか、別巻としてプラトン事典ともいえる『総索引』を付す。本巻は、告発され死刑に到るソクラテス最後の数十日間を感動的に描いた4作品を収録。

プラトン全集〈1〉エウテュプロン ソクラテスの弁明 クリトン パイドンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エウテュプロン。
    これ短編だけれども、よく引用される。
    神に愛されるから敬虔なのか、敬虔だから愛されるのか、という箇所。

    初期のプラトンでは、さまざまな徳について「~とは何か?」と問うことが多い。その1つとして《敬虔》が挙げられているが、
    中期になると徳は四徳(正義・知恵・勇気・節制)にまとめあげられてきて、《敬虔》は、《正義》の中にまざりこんでしまう。

    確かに、その萌芽はこの対話篇にも現れている。
    エウテュプロンが敬虔とは何かを答えられないのをみて、
    ソクラテスは助け舟を出す。
    敬虔って正しいもののなかのものなんじゃない?と。

  • 『エウテュプロン』に関しては『プラトン全集』にしか載ってないので、『エウテュプロン』についてのレビューを書かせていただきます。
    エウテュプロンがソクラテスに「敬虔とは何か」というテーマについて対話をしていきます。
    「敬虔」というと宗教を持っていない私たちにとっては分かりづらいテーマですね。
    何かが生じたりするのは、それを生じさせる働きが表裏一体のようにくっついているが、敬虔について…神神に対する態度はまた不思議な話になってくる。
    〈敬虔なもの〉というのは神神に嘉納されるものであるけれどもしかし神神にとって有益なものでも、神神に愛されるものか?
    〈敬虔なもの〉というのは〈神神に愛されるもの〉であるということになるようだ。
    20節で直ぐによめますがなかなか深い対話です。
    最後にまた「われわれは最初からもう一度、敬虔とは何であるかを考察しなければならない」とくくっているあたりがアポリアですね。

全2件中 1 - 2件を表示

プラトンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
デール カーネギ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする