プラトン全集〈2〉クラテュロス・テアイテトス

制作 : 水地 宗明  田中 美知太郎 
  • 岩波書店
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000904124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クラテュロス。
    すっごい特異なソクラテス=プラトンの古典的な言語論。

    名前って何が根拠になってるの?という問いに二通りの考えがでてくる。
    全部、「慣習」なんだ、という説。
    いやいやいや、物事の「本質」を表しているんだ、という説。
    それぞれに対してソクラテスは、逆の主張をしているので、結局はどっちつかずなんだ、という解釈をしているレビューを、どこかで見たけれども、
    私が読んだ感覚だと、
    確かに名前の正しさ・根拠には、両方のことが考えられる、と。慣習ももちろんあるし、それによって本性とは逆の意味が付与されていることもあるけれども、基本的には本性を表す、ということのほうが本義だ、というニュアンスがソクラテス=プラトンにはある。

    ここではイデアということじたいは主題にはあがっていないけれども、物事の意味って何かな?と考えると、共通として導き出せるようなものがどっかあるんじゃないの?というプラトンの直感がかいま見える。

    ヘラクレイトスの説に触れた時期に書かれたようで、それを介して、なんとか考えようとっしたプラトンの姿が想像される。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする