プラトン全集〈4〉パルメニデス ピレボス

著者 : プラトン
制作 : 田中 美知太郎 
  • 岩波書店 (2005年4月26日発売)
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000904148

プラトン全集〈4〉パルメニデス ピレボスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中期末「パルメニデス」は、プラトン自身のイデア論批判の対話篇として知られている。
    〈イデア〉そのものの多重性や不可能性、不可知性、事物への不関与性などが挙げられている。そして、イデアとしても、1)善などの徳のイデアはあり、2)人間や火のイデアが微妙で、3)毛髪などのくだらないもののイデアは存在しない、とソクラテスは言う。

    こうした問題提起ののちに、その反駁の具体的なパフォーマンスとして、「予備練習」と称して「言葉の上ではどうとでも言える」という論理学がパルメニデスによって延々と披露される。

    イデア論の核心はどこにあるのか?
    多様な意味としてそれぞれに生じうる現象にたいして、どう考えれば、多くのひとにとって共有できるものとなるか、という問題設定のために要請されてきている。現象界に対して、本質的な叡知界を設定することで、本質はちゃんとあるし、虚無に陥らなくていいのだ、ということにある。

    イデア論が陥った失敗は、〈イデア〉を起源としてあるいは実体的に想定することに由来する。
    むしろ、或る概念や価値が、なるほどと思えるような、そして「妥当だ」と肯けるような条件は何か、と1つ1つ確認しながらあぶり出そうとすることに、イデア論の意味がある。

    事後的と言っても、まったく無から生成されるのではなくて、たとえばハイデガーが言うような「前‐了解」という段階がある。
    言葉によってはっきり把握していないけれども、頭の中でぼんやりと思っていることが存在している、こういう状態が前提となっている。
    だから、ソクラテスはじぶんの問答法の技術を、産婆術だと称した。
    あいてがもっている概念を、じょうずに質問していくことで、生みだす技術だっていう。

  •  快楽について

  • 高田馬場の古本屋にて1500円で購入。読了日は判らないので適当に。プラトンの著作中類を見ない二部構成にして、八面六臂の活躍を見せていたあのソクラテスがほぼ脇役に徹するという意味でも異例の『パルメニデス』は、イデア論の一大転換期を成す最重要作品。パルメニデス、ゼノン、ソクラテスらによる夢の共演は山風に通じ(むろん言い過ぎだが)、否定神学への道を拓いた言語ゲームの妙もある。故・藤沢令夫氏をして「ルール違反」とまで言わしめたパルメニデスの手練手管に酔いしれよ!

全3件中 1 - 3件を表示

プラトンの作品

プラトン全集〈4〉パルメニデス ピレボスはこんな本です

ツイートする