プラトン全集〈5〉 饗宴 パイドロス

制作 : 田中 美知太郎 
  • 岩波書店
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000904155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 了。

  • 『饗宴』 Symposium
    4 「酒はほどほどに」という結論
    7、8 バイドロス:恋するものはその恋の相手の前ではいかにも勇敢に振舞うことができる 
     恋してるものは神がかっている
    8〜11 パウサニアス:エロースには二種類ある 
     低俗…パンデモス・アフロディテに属する 魂より肉体
     理性的…ウラニア・アフロディテに属する 少年への恋など(女性は無関係) 人柄に対するもの 永続的
     少年が自らの人間形成のために恋を受け入れることは美しい(⇔金などのためはダメ)
    12、13 エリュクシコマス(医者):最も拮抗し合うものの調和が必要→二種類のエロースの双方を見守らなければならない
    14〜16 アリストパネス:昔三種類の人間がいた 男性、女性、両性(アンドロギュノス)
     両性は強靭で神に刃向かい、神に切断された→半身を熱望するあまり滅ぶ →性交が作られ、満足感が与えられた
     →完全なるもの(最も尊い)へのこの欲望と追求=エロース
     もともと男性である人間は男性に恋する(一番出世する)
    18、19 アガトン:エロースはいかなる神か?/エロースの数々の贈り物について
     エロースは柔らかい心根に住み着くため、華奢 また美しい
     神、また人間との関係において不正を加えることも加えられることもない
     エロースは他の者をも詩人に化するほどの優れた詩人
     エロースは彼自身最も美しく高貴なものであるからして、他の者に対しても同じ類のことどもの原因となる
    20〜29 ソクラテス:・エロース(自分に欠いているものを求めること)は本当に美しいか?
              ・エロースは人間でも神でもない神霊(ダイモーン)
              ・エロースとはよきものが永遠に自分のものであること、また不死であることを目指すもの
              →それはいかなる仕方で恋と呼べるか? 肉体的にも精神的にも美しいものの中において出産すること
     肉体の美より魂の美 
     恋の究極目標は美
    30〜終わり アルキビアデス:ソクラテス賞賛
            

  • 古典の中の古典です。
    愛についての、美についての、率直でのびのびとした語らいに目くるめく心地がします。
    古代ギリシャ世界への憧憬を抱かせるのに十分な一冊です。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする