プラトン全集〈12〉ティマイオス・クリティアス

著者 :
制作 : 種山 恭子  田之頭 安彦 
  • 岩波書店
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000904223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ティマイオス。
    世界や宇宙の目的が、そもそも《善》だったら……
    という仮想のもとに、プラトンが描き上げた宇宙論。
    現代のプラトン批判(同一性批判・近代社会批判)の風潮からすると、
    目的論的だとして忌み嫌われるかもしれない。

    神>宇宙>世界>民族>国家>私

    神~私までがすべて関連しあっていてパラレルに設定されている、
    こうした世界観は、現代人からするとちょっとわかりにくいかもしれない。

    ただ、「善い」を目指すことは無価値ではなく、意味のあることだ、
    ということを何とか言おうとした、意図をこそ汲み取る必要があるかなと。

  • アリストテレスの『天について』を読んでいて、プラトンの『ティマイオス』の言及が多いので、通読してみた。ソクラテスが『国家』の一部を話したお礼に、クリティアス・ヘルモクラテス・ティマイオスから物語の返礼をされるという筋立てで、ティマイオスが宇宙の始まりから生物の誕生を語った内容が『ティマイオス』である。ティマイオスはイタリアに近いロクリスの人で天文学に通じていたそうである(プラトンの創作説もあり)。第一部は「創世神話」である。ティマイオスは宇宙が「永遠」をモデルにデミウルゴス(制作者)によって作られたこと、宇宙は唯一であること、火・空気・水・土の四元素が理想的な比で存在すること、宇宙が生き物(幸福な神)であり不老であること、制作者の意図によらないかぎり不滅であることなどを物語る。宇宙は比によって同・異・有が発生するように作られており、同の輪(赤道)、異の輪(黄道)によって、「宇宙の魂」は永遠に回転しながら推理計算をしており、ここに「理性」が発生する。「時間」は永遠の似姿であり、時間の表現者として「惑星」がつくられた。いわゆる天動説では、太陽も惑星であり、「地球」を中心に月・太陽・金星・水星の順の軌道で回っている(他の惑星は省略されている)。金星と水星(ヘルメスの星)は太陽とは逆向きに回るので太陽を追い越す。そして、宇宙に四つの種族が生まれる。天の種族・翼の種族・地の種族・水の種族である。天の種族は恒星である。ゼウスなどの神々はデミウルゴスの子孫であるが、宇宙を完璧にするためにつくられた「死すべき者」つまり人間を父から任される。神々はデミウルゴスの意志をついで人間をつくり、宇宙に似せた魂をさずけた。頭は宇宙に象り球形をしており、ここに魂が入る。手足は「乗り物」である。眼は天の秩序をみて善く生きるために神から贈られた。第二部は、宇宙を充たしている四元素の話で、元素はすべて三角形から組み立てられた立体であり、正四面体は火、正八面体が空気、正二十面体が水、立方体が土であるとされる(五角形の組み合わせである正十二面体は神が宇宙創造につかったfifth element)。火の元素はもっとも細かく、尖っているので物を燃やし、土の元素は最も安定した形である。プラトンによれば空虚はないが、元素の隙間に元素が入り込んで、運動をもたらす。金属は水で最も微細で岩に漉された水が黄金である。酒や油や蜜は火をふくんだ水である。五感や熱、重さの感覚も元素から説明されている。熱いのは火の元素が刺さるからである。眼から出る光(視線)が対象からやってくる粒子に反らされると色が生じる。第三部は、人間の身体のしくみが物語られる。神はまず「髄液」をつくった。これはパン・スペルミア(すべての種子の混合体)で、髄液自体も生物だ。髄液によって脳は充たされ、脳に理性がやどる。心臓は血液の源泉で全身に命令し、肺は心臓を冷やしクッションとなる。肝臓は鏡で理性からくる印象を映す。また、その苦みと甘みは身体をアメとムチで監督する。人間の身体は荃(うえ:漁具で魚が入ると出られなくなるカゴ)で、内部で火が消化を行い、呼吸によって「まわり押し」(循環)が起こる。血液は火を含むから赤く、火の元素の三角形が長期の戦いで崩れると消化ができなくなり老化し、髄を結びつけている三角形の絆が切れると魂は解放され死ぬ。胆汁や粘液は肉が腐ったもので病因である。神々が髄がもれる穴を下腹部にあけたので生殖ができる。骨が粗く髄が漏れると色欲におぼれる。最悪の病は「無知」という魂の病であり、狂気や神聖病(てんかん)などは胆汁や粘液が頭に入るからだ。健康については体操による運動が第一、投薬はやむを得ない場合のみが望ましい。神が作ったのは男性で、臆病者は女性に生まれ変わり、女性が生まれてから、男女に生殖器ができた。軽薄な者は鳥に生まれ変わり、天を仰ぎ見ないで欲望のまま生きた者は地に頭がちかい獣や虫になり、無知な者は魚に生まれ変わる。このようにして生物ができた。まあ、よくできたホラ話だ。文中でも「ありそうな言論」と繰り返しているが、中世・ルネッサンスを通じて熱烈に読まれた著作である。惑星の楕円軌道を法則化したケプラーも、一方で正多面体の入れ子構造で宇宙を考えていた。この例からもも、「ティマイオス」の影響がうかがえる。最初に「アトランティス」の話もでてくる。「クリティアス」ではアトランティスが9000年前に栄えた大陸で「ヘラクレスの柱」(ジブラルタル海峡)の向こうにあり、ポセイドンの子孫にあたる十王に治められていた王制の国家で、かつてヨーロッパと戦い、アテネは最後まで勇敢に戦ったそうだ。クリティアスはこの話を祖父から聞いたが、その祖父はソロンから聞き、ソロンはエジプトの神官から聞いたそうである。「クリティアス」は20ページほどで未完である。9000年前のアテネの原始共産制とアトランティスの強大な国力が語られているが、対アトランティス戦争の詳細はない。アトランティスは地震で沈んだことになっている。いろいろ面白い巻だが、これらは現在『プラトン全集』でしか読めない。「ティマイオス」は新訳して、文庫化してほしい。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

前427-347年。古代ギリシアの哲学者。代表作に『ソクラテスの弁明』、『クリトン』、『ラケス』、『饗宴』、『国家』など。

プラトンの作品

ツイートする