ソポクレース I ギリシア悲劇全集(3)

制作 : 岡 道男  引地 正俊  柳沼 重剛 
  • 岩波書店 (1990年6月発売)
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 17人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000916035

作品紹介

2500年の歳月を越えて伝えられたギリシア古典文芸の精華に新たな息吹を与えることを願い、現存の全篇を新訳、脚注・解説を付し、数多の「断片」をも集成して刊行する。

ソポクレース I ギリシア悲劇全集(3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所在:紀三井寺館1F
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=14113

    ギリシア悲劇の登場人物として、とりわけ心に残るアンティゴネー。

    シモーヌ・ヴェーユはソポクレースの悲劇について、「苦痛に充ちたものではあっても、けっして悲哀の印象を残さない。むしろ、静謐の印象を受ける」(冨原眞弓 訳『ギリシアの泉』より)と書いています。

    マルグリット・ユルスナールは『火』と題された散文詩風短篇集のなかで、「アンティゴネー あるいは撰択」という、この悲劇から着想を得たすばらしい一篇を書いています。

    アンティゴネーの科白は、道徳的とか教訓的とも言えるのかもしれませんが、シンプルに、どれをとってもかっこいいなと思います。

    ※ギリシア悲劇全集、紀三井寺、三葛の両館で所蔵していますので、興味のある方はぜひ。(紀三井寺館所蔵分は、OPACには表示されていないものもありますが、全巻揃っています。)

    【併読のススメ】
    『女たちのロマネスク―古代ギリシアの劇場から』
    和医大OPAC http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=21462
    ブクログ http://booklog.jp/users/wmulk/archives/1/448601586X

全1件中 1 - 1件を表示

ソポクレースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする