漱石全集〈第9巻〉心

  • 岩波書店 (1994年9月発売)
4.00
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000918091

漱石全集〈第9巻〉心の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台版のこころをみて、原作を再び読み返してみた。
    ほんとに、なんで漱石はこんな怖い小説を書いたんだろう。でもこの抉られるような世界観がなんとも好きなのです。先生の暗い気持ちがグイグイと迫ってくる。この小説を書いているとき、漱石は胃痛に悩まされていたそうですが、こんなもの書いていたら胃が痛くなるというのも道理…。
    ところで、この時代の書生さんが好きだと言ったら「現実の書生さんはきっと、ごちそうさんのムロイだ!」といわれ憤慨しましたが、心に出てくる「先生」も思い込みで友人を裏切り、卑怯な手でお嬢さんを嫁に取り、卒業してからは仕事もしないで親の遺産を食いつぶして思想に耽るという、大概ムロイさんのような人だったので、溜飲を下げた。

  • 中学校くらいだろうか、読書感想文なりで無理矢理に読まされた大人達よ、ぜひ今になってきちんと読み直して欲しい。ようやくその意味が分かる歳になった。僕もそのくち。素晴らしい。

全2件中 1 - 2件を表示

夏目金之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漱石全集〈第9巻〉心はこんな本です

ツイートする