河合隼雄著作集〈7〉子どもと教育

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000918374

作品紹介・あらすじ

臨床心理学の立場から子どもと教育の現実を問いなおし、その潜在する可能性を引き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『子どもと学校』(岩波新書)のほか、18編の論考やエッセイを収録しています。

    ユング派の臨床心理学者として知られる著者ですが、以前私立の中高一貫校で数学教師をしていたこともあり、教育の現場を知る大学人でもあります。本書ではそうした著者自身の体験に基づいて「臨床教育学」という概念を提唱し、教育に携わる人びとの声に耳を傾けながら、子どもたちの抱える問題に臨床心理学の立場から考察をおこなっています。

    子どもたちの非行の例を引きながら、その背景にある一人ひとりの子どもの問題を見つめようとする著者のスタンスから、現場の教育者に対する著者のメッセージを読み取ることができるように感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。メーカー勤務を経て、現在フリーランスの翻訳者。

「2020年 『パリジャンが教える ヒゲの教科書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河合隼雄の作品

河合隼雄著作集〈7〉子どもと教育を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×