芥川龍之介全集〈第6巻〉南京の基督・杜子春

著者 : 芥川龍之介
  • 岩波書店 (1996年4月8日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 19人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000919760

芥川龍之介全集〈第6巻〉南京の基督・杜子春の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんざんしょ、この感じ。健気な少女の願いが結果的に叶えられてしまう「南京の基督」。単純な話だが一瞬オチを迷い、見事に連れてかれた。なんでもない空間の中に、できる限りの再現と、緩急つけた心理描写。「知らない方がいいこともある」ってこういう意味だろう。

  • 大須賀乙字氏を憶ふ 「我鬼窟日録」より 沼 東洋の秋 未定稿 秋 一つの作が出来上るまで 私の好きなロマンス中の女性 春草会詠草 大正九年四月の文壇 或敵打の話 黒衣聖母 女 素盞鳴尊 老いたる素戔鳴尊 骨董羮 骨董羮(削除分) 親し過ぎて書けない久米正雄の印象 中央文学の問に答ふ 近藤浩一路氏の事 短歌雑感 新富座劇評 南京の基督 杜子春 槍ケ岳紀行 大正九年度文壇上半期決算 私の好きな自然 捨児 塵労 秀吉と神と 彼の長所十八 西洋画のやうな日本画 愛読書の印象

全2件中 1 - 2件を表示

芥川龍之介の作品

芥川龍之介全集〈第6巻〉南京の基督・杜子春はこんな本です

ツイートする