芥川龍之介全集〈第12巻〉大導寺信輔の半生・海のほとり

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000919821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明日の道徳 「高麗の花」読後 偽者二題 装幀に就いての私の意見 プロレタリア文学論 「春の外套」の序 各種風骨帖の序 娼婦美と冒険 大導寺信輔の半生 早春 澄江堂雑記 俊寛 出来上つた人 壮烈の犠牲 現代十作家の生活振り 一枚三十銭の稿料 馬の脚 学校友だち 正直に書くことの困難 思つてゐるありの侭を 田端人 文部省の仮名遣改定案について 日本小説の支那訳 望むこと二つ 越びと THE MODERN SERIES OF ENGLISH LITERATURE序 春 念仁波念遠入礼帖 澄江堂雑詠 芥川竜之介年譜 平田先生の翻訳 人及び芸術家としての薄田泣菫氏 伊東から 日本の女 雪 詩集 ピアノ 鏡花全集目録開口 鏡花全集の特色 鏡花全集に就いて 北京日記抄 雑信一束 澄江堂雑詠 温泉だより わが俳諧修業 旅のおもひで 「わたくし」小説に就いて 結婚難並びに恋愛難 「太虚集」読後 Gaity座の「サロメ」 変遷その他 好きな果物の話 ポーの片影 海のほとり 尼提 死後 藤沢清造君に答ふ 才一巧亦不二

  • ピアノ:関東大震災のあと?の被災地でピアノを見つけた話
    特に所見がないが、時間が経てば何か見つかるかもしれない

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

「2018年 『羅生門・鼻・蜘蛛の糸 芥川龍之介短編集 Rashomon, The Nose, The Spider Thread and Other Stories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芥川龍之介の作品

ツイートする