エンデ全集〈2〉ジム・ボタンと13人の海賊

制作 : Michael Ende  上田 真而子 
  • 岩波書店 (2001年7月18日発売)
3.78
  • (9)
  • (7)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000920421

エンデ全集〈2〉ジム・ボタンと13人の海賊の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういうお話を子供の頃にたくさん読んでおきたかった。

  • 幸せな話だなぁ。エンデ全集、全巻欲しくなってきた。

  • 前作は子どもの頃読んでたんだけど、こちらは初読。新旧のキャラクタがうまく配されていて、やりとりが楽しい。いくつもの問題が現れては次の章で片付いてくのは、大人視点ではあっさり過ぎてちょっと物足りないかな。まあでも児童書だし、ね。13の手紙や国の名前、原書ではどんななんだろう。

  • 図書館で借りた本
    ひたすら可愛いです

  • 図書館の本

    ジムボタンの完結編。
    前作で機関車が赤ちゃん産んでびっくり!のところで終わったの。
    今回は機関車も小さいのがついてあるきました。
    水の精と火の精
    変化するすべてのもの
    そして間違いを正す者
    エンデの哲学がそこここに見え隠れしてとても楽しかったです。

    次は「モモ」です。
    これ小学生のときと高校生のときに読んだだけなのでとてもたのしみです。

    Jim Knopf und die wilde 13 by Michael Ende

  • 「ジム・ボタンの機関車大旅行」の続きで、前巻との繋がりが多くて愉しく読めた。心優しいジムの判断がうまい具合に解決の方向に導いていく。

  • ジムボタンの冒険の続編。夢にあふれる世界観は健在。呼んでいるだけで細胞からうきうきしてきちゃう☆あーーーー私もこの世界に行ってみたいよ神様!!

  • ジム・ボタンシリーズの一つ。

  • 冒険の旅

全9件中 1 - 9件を表示

エンデ全集〈2〉ジム・ボタンと13人の海賊のその他の作品

Jim Boton Y Los Trece Salvajes/Jim Button and the Thirteen Wild Men ペーパーバック Jim Boton Y Los Trece Salvajes/Jim Button and the Thirteen Wild Men ミヒャエル・エンデ

ミヒャエル・エンデの作品

エンデ全集〈2〉ジム・ボタンと13人の海賊はこんな本です

ツイートする