芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)

制作 : 三島 憲一  丘沢 静也 
  • 岩波書店 (2002年9月18日発売)
3.86
  • (3)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 77人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000920568

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [15][120813]<mo ボイスの語る「お金は政治のドキュメント」という言葉が、あたりまえだけど目新しく聞こえた。人智学にも興味あるけど奥深すぎて手が(頭も)回らない!

  • エンデとボイス、真逆の立ち位置から語られる芸術について。

    まくしたてるボイスの言葉数に少しイライラしてしまったのだけど(何しろこの本はエンデの全集なのだから)、どちらの側からも刺激的な言葉があり、視点があった。

    エンデが最後に語った芸術と政治の距離感についてが、胸にグサりと刺さるようだった。

    ボイスの言う「芸術なんてクソっくらえ」とは、凡そパンクロック以降のロックンロールの視点そのものだと思う。だから、ボイスの言っていることのほうが、現代のパンクロッカーやロックバンドたちの感じていることに近いように思う。

    それでもやはり、エンデの言葉が、刺さった。

    表現内容と現実そのものである政治との距離は悩ましい。もう少し、エンデが語る言葉を読んでみたいと思った。

  •  エンデは、人間にとっての価値、導となるような、未来への意志というイメージを自己の作品に託す。人間価値の内容というものは少しも自明なものではない。通時的で不動なものというより、たえず流転し変化し代謝している。元々その人の内にあったある種の言葉にならない思い、情動を表現することでイメージに輪郭を与える助けになるべきもの。それこそ芸術の価値だろう。

  • 『芸術と政治をめぐる対話』(エンデ × ボイス)がかなり刺激的だった。考えたことは、こちらのブログに詳細に書きました。→ http://web.sfc.keio.ac.jp/~iba/sb/log/eid227.html

  • 読みたい

    Kunst und Politik by Micheal Ende

  • 芸術と政治をめぐる対話
    解説 エンデとボイス 三島憲一
    (目次より)

全6件中 1 - 6件を表示

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ミヒャエル エン...
ミヒャエル エン...
ジェイムズ・P・...
ミヒャエル・エン...
ミヒャエル エン...
ミヒャエル・エン...
サン=テグジュペ...
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)はこんな本です

芸術と政治をめぐる対話 (エンデ全集)を本棚に登録しているひと

ツイートする