志賀直哉全集 〈第2巻〉 大津順吉 范の犯罪

著者 : 志賀直哉
  • 岩波書店 (1999年1月7日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000922128

志賀直哉全集 〈第2巻〉 大津順吉 范の犯罪の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハンは捕まる。嫁殺しである。共に理髪店を営んでいたが、ある日、サーカスでナイフ投げを夫婦で行うこととなり、手元誤りナイフは妻へ直撃。ハンは妻の浮気を知っていた。しかし、ナイフが直撃したのは偶然か、必然か。人間の潜在意識を問う、永遠の課題を書いた短編。

  • 祖母の為に 母の死と新しい母 母の死と足袋の記憶 憶ひ出した事 或る一夜 廿代一面 クローディアスの日記 大津順吉 正義派 鵠沼行 清兵衛と瓢箪 出来事 范の犯罪 或る親子 児を盗む話 寓居 蜻蛉 家守 宿かりの死 嵐の日 山の木と大鋸 興津 京都通信 私信 モデルの不服 白樺編輯室にて9-14 「ホトトギス」催能拝見 小犬と小猫 夕立の話 「クローディアスの日記」に就いて 「留女」広告文

全2件中 1 - 2件を表示

志賀直哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

志賀直哉全集 〈第2巻〉 大津順吉 范の犯罪はこんな本です

志賀直哉全集 〈第2巻〉 大津順吉 范の犯罪を本棚に登録しているひと

ツイートする