志賀直哉全集 〈第3巻〉 城の崎にて 和解

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 志賀直哉
  • 岩波書店 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000922135

志賀直哉全集 〈第3巻〉 城の崎にて 和解の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 校正がよくなされていて、さらりと読める作品ばかり。
    志賀直哉はええ。

  • 城の崎にて 佐々木の場合 好人物の夫婦 赤西蛎太 和解 断片 十一月三日午後の事 流行感冒 憐れな男 謙作の追憶 夢 小僧の神様 或る男、其姉の死 雪の日 焚火 赤城にて或日 真鶴 自分は彼を信用してゐる 白樺編輯室にて15-17 私の祖父 最近読んだもの 近頃の日常生活 「中央文学」アンケート回答1 畜犬に就いて 「十一月三日午後の事」後日談 本年発表せる創作に就いて1

  • 『城の崎にて』は二十世紀を代表する名作です。

  • 暇人にどうぞ。

全4件中 1 - 4件を表示

志賀直哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

志賀直哉全集 〈第3巻〉 城の崎にて 和解はこんな本です

ツイートする