網野善彦著作集〈第13巻〉中世都市論

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000926539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逗子図書館で読む。中世都市に関するサーベイを読む。興味深い論文でした。中世都市に関するサーベイは、停滞していたそうです。その理由は、研究の手がかりがなかったためです。実証ではなく、理論に偏る傾向にあります。ただし、最近の研究状況は、大きく変化しています。考古学的発見により、色々な現実が見えてきたようです。再読の価値があります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年山梨県生まれ。東京大学文学部卒業。都立北園孝行教諭、名古屋大学文学部助教授、神奈川大学短期大学部教授、同大学経済学部特任教授を歴任。専門は日本中世史、日本海民史。著書に『日本中世の非農業民と天皇』『無縁・公界・楽』『異形の王権』『蒙古襲来』『日本の歴史をよみなおす』『日本社会の歴史(上・中・下)』『「日本」とは何か』『歴史と出会う』『海民と日本社会』ほか多数。2004年逝去。

「2018年 『歴史としての戦後史学 ある歴史家の証言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

網野善彦の作品

ツイートする