1929-32年――ある錯覚の未来 文化の中の居心地悪さ (フロイト全集 第20巻)

制作 : 高田 珠樹 
  • 岩波書店 (2011年1月29日発売)
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000926805

1929-32年――ある錯覚の未来 文化の中の居心地悪さ (フロイト全集 第20巻)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  文化のその原初の目的は、自然の脅威から身を守ることである。誰も独りでは生きていけないというのは、実際言葉以上のものがある。共同体の中にあってかろうじて、このか弱い人という生き物は仮初であるにせよ安全を確保することができる。だが一方で、共同体からの圧力。つまり、自己の内なる欲動を制限し、貢献せよという命令がくだされることになる。ここから、どのような人間にも文化にたいする反社会的な、敵意というものが生まれることに成る。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、3階 請求記号146.13/F46/20

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル フーコ...
ミシェル・フーコ...
マックス ウェー...
ヴィクトール・E...
ジャック・ラカン
スラヴォイ・ジジ...
有効な右矢印 無効な右矢印

1929-32年――ある錯覚の未来 文化の中の居心地悪さ (フロイト全集 第20巻)はこんな本です

ツイートする