海べのあさ (大型絵本)

  • 岩波書店
3.73
  • (11)
  • (15)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001105797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・日常の物語。特に事件も問題も起こらない。
    ・乳歯がグラグラ、、抜けた。成長の実感?
    ・子ども(女子)は、背のびするお姉ちゃんに共感するようだ

    • nejidonさん
      testさん、はじめまして(^^♪
      好きな絵本が取り上げられているので嬉しくなりました
      少し古くて地味ですが、味わいのある良いお話だと思...
      testさん、はじめまして(^^♪
      好きな絵本が取り上げられているので嬉しくなりました
      少し古くて地味ですが、味わいのある良いお話だと思います。
      マックロスキーの本をタイムラインで見るということに喜んでしまいました。
      ありがとうございます。
      2020/09/22
    • testさん
      nejidonさま、コメントありがとうございます!マックロスキーのこの本は「少し古くて地味ですが、味わいのある良いお話」、まさにこの表現通り...
      nejidonさま、コメントありがとうございます!マックロスキーのこの本は「少し古くて地味ですが、味わいのある良いお話」、まさにこの表現通りだと思います。絵本は、こういった作品がきちんと残っていくところが良いですね~!
      2020/09/22
  • チョコレート・アイスクリームをもってるハマグリがいたら、それとりかえして、歯もとりかえさなくちゃね。
    子どもらしいサリーの可愛らしさが良かった。

  • ため息が出るほど、絵が上手い人だなぁ。子どもに分かりやすいリアリティがあって、あったかさがある。画面からは、いつも物音や話し声が聞こえてくるし、細部にわたってすごくよく描きこんであって、見るたびに新しい発見がある。

  • 「いつ歯がぬけるんだろう?」が、今の娘の最大の関心事。ときどき、「本当に抜けるのか?」不安にもなるらしい。不安なときは、こんな素敵な本を読んで、「そのとき」をワクワクしながら待ちましょうね。

  • まるで上質の小説を読んでいるかのようだ。海辺の生活は全てが美しい。子どもの成長をゆったりと立ち止まって見守ってくれる大人がいる、そんな環境ですくすくと育つサリー。このサリーはこけももを食べていた、あのサリーだろう。子どもに媚びることなく、高圧的になることなく、ありのままを受け入れる、周囲の大人たちの姿がまぶしい。親子で一番気に入っている絵本のひとつ。

  • 18分

  • 長い。

  • 再読です
    好きなおはなしっていう記憶はあった(^^;

    大きな事件が起こるわけではない日常の幸せ
    さりげなく海辺の生物や
    ボートの知識も入ってくる優秀本
    読んでいただいて25分くらい
    絵本だけどなかなかのボリュームです

    歯が抜けるなんて、遠い過去の事でした
    忘れていた出来事
    妹が服を着ないで走ってきたり
    ミルクをこぼしてたり、かわいいなー
    絵をながめて楽しい

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 170809*読了

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロバート・マックロスキー

「1978年 『すばらしいとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・マックロスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドナルド・ホール
トミー=アンゲラ...
なかがわ りえこ
ユリー・シュルヴ...
エリック=カール
ばーじにあ・りー...
ジャニス=メイ=...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

海べのあさ (大型絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×