うちがいっけんあったとさ (大型絵本 (31))

制作 : モーリス・センダック  わたなべ しげお 
  • 岩波書店
3.40
  • (3)
  • (2)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001105810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 申し訳ありません、現在品切れ状態です。
    購入できません。20130618

  • モーリス・センダックの絵。
    渡辺茂男さんの訳が軽妙でとても楽しい。歌うように読んでいけます。

  • 歌うような文のリズムが楽しい絵本。こんな不思議な家があったら面白いです。

  • まいにちまいにち読みました。
    ちんとんしゃん。

  • うちが いっけん あったとさ
    ちん とん しゃん

    たのしいリズムに誘われて
    だれのうちだろう、
    どんなうちだろう、
    どこにあるのだろう、
    飛び散る言葉と絵を追いかける。
    こんなうちみたことないよ、
    こんなうちきいたことないよ、
    秘密の場所に迷い込んだ。

    てれつく てんてん
    すててん てん

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1911年、アメリカ、メリーランド州ボルチモアに生まれる。ピーボディ芸術学院で絵と音楽を学び、その後、ニューヨークのパーソンスクール応用美術科を卒業。1940年、作家・画家であるクロケット・ジョンソンと結婚、『にんじんのたね』(こぐま社)をはじめ、数冊の絵本を共作で作った。他の作品に、『はなをくんくん』(福音館書店)、『さかさんぼの日』(偕成社)など。また、モーリス・センダックとの共作に『シャーロットのしろいうま』(富山房)、『あなはほるもの おっこちるとこ』『おふろばをそらいろにぬりたいな』『うちがいっけんあったとさ』(以上岩波書店)などがある。 「子どもの視点から世界を見ることのできる数少ない作家」 と評され、子どもの空想や遊びを熟知したうえで作られた作品の数々は、想像力やユーモアのセンスに富み、子どもの読者の共感をよんで、今日に至るまで高い人気を誇っている。1993年没。

「2014年 『くま! くま! くまだらけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルース・クラウスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レミー チャーリ...
谷川 俊太郎
トミー・ウンゲラ...
ばーじにあ・りー...
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする