くんちゃんのだいりょこう

制作 : ドロシー・マリノ  石井 桃子 
  • 岩波書店
3.91
  • (35)
  • (30)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 323
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001105919

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • くんちゃんのお父さんお母さんのように、常に広い心で我が子に接したいと思ってはいても、現実にはなかなか出来ないなあ。

  • くんちゃん、かわいいな♡ 愛らしい繰り返しがたまらない。お父さんお母さんの見守り方も愛情たっぷり♪ 冬眠前にいっぱい遊んで?よかったね(*^_^*)

  • いたずら子ぐま「くんちゃん」の大冒険を描いた微笑ましいお話。何度も忘れ物をとりに戻るくんちゃんを何度も優しく迎えるおかあさんとおとうさん。そのゆったりとした懐の深さのようなもの。その旅が小さくも大きくもかわりなく、可愛い子に旅をさせる時にあるべき親の姿なのかもしれない。
    このあとふゆごもりをして更に大きく成長したくんちゃんの姿が楽しみである。

    墨と水色だけをつかった素朴な画は、大抵二色しか使わないドロシー・マリノらしい画風とのこと。みなみのくにへ飛び立つとりたちを包む空の水色、くんちゃんが繰り返し登る丘に生える水色、川を流れる水色、くんちゃんの首元を温める縞模様の水色。ひっそりとした水色に包まれた家の中。実に表情豊かに刺されて柔らかな水色。

    冬の張り詰めた空気を感じつつ、まだ先遠い柔らかい春の訪れを待ち遠しくなるような一冊。

  • 『改訂 私たちの選んだ子どもの本』で知り、図書館で借りた。

    冬ごもりの季節、子ぐまのくんちゃんは、鳥のように南の国へ大旅行に行こうと考えた。

    「……ぼくも わたっていっていい?」って、訳がかわいい!
    旅に必要であろうものを思いつき、丘までの短い旅路から繰り返し家に引き返す、くんちゃん。
    子どもの無邪気な思いつき、私の子どもの頃好きだった、さとうわきこさんの『おつかい』を思い出した。
    そして、やっぱりすてきなのは、くんちゃんのお父さんとお母さん。
    「見守る」とはこういうことなのだろう。
    くまたくんシリーズのようなあざとさを感じないのは、シンプルな絵と色のせいだろうか。
    『くんちゃんのもりのキャンプ』も良かったので、シリーズで借りてみよう。

  • 渡り鳥を追いかけて、だいりょこうを試みるくんちゃん。温かく見守る両親が素敵です。忘れ物を取りに、何度も戻ってくるくんちゃんに、「まーた戻ってきたよ」と盛り上がる息子。疲れてベッドに入ったくんちゃんが目覚めるのは春なのかな。
    (読んだ時期:6歳)

  • この本が大好きで、でも本を買ってるときりがないので
    我慢していたのだけれどやっぱり買った。

    くんちゃんのしぐさもかわいいし、お父さんお母さんのやさしい顔も大好き。あれこれ荷物を持ってよいしょ、よいしょ、と丘へ向かうくんちゃんの愛らしさったらない。読んでるとため息がでてしまう。大人になってはじめて知った絵本でした。

  • ジャケ買いならぬ「見返し買い」。
    くんちゃんシリーズは
    表紙から見返しに描かれる森の景色がすごくいい。

    くんちゃんの純朴さにもやられる。
    なんだよ、もー。

    ”BUZZY BEAR GOES SOUTH”を”だいりょこう”と翻訳した
    石井桃子もさすが。

  • 図書館利用。すごく好きなお話。終わり方も完璧だと思う。くんちゃんのおとうさんおかあさんのように、おおらかにあたたかく子供と向き合っていけるといいなあ。

  • くんちゃんは渡り鳥があたたかいところへ
    旅にでたのを見て、自分も旅にでたく
    なりました。

    用意が十分じゃなくて、出かけたり
    家へ戻ったり。
    大人から見れば行ったり来たりしている
    だけですが、くんちゃんにすれば自分で
    必要な物に気がついて戻る、
    自分だけで考えて実行するだいりょこう
    だったんだなと思いました。

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「冒険・ファンタジー」で紹介された本。

全52件中 1 - 10件を表示

ドロシー・マリノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする