グリム童話 かえるの王さま (大型絵本)

著者 :
制作 : ビネッテ シュレーダー  Binette Schroeder  矢川 澄子 
  • 岩波書店
3.15
  • (3)
  • (1)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001106152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「この犬の顔が面白い!」(M5)

    絵が綺麗なので思わず手に取る。
    けど、やはりこの話は納得がいかない。子どもの頃からずっとずっとなぜ?と思い続けているこの内容。

    「この女、わりぃー!確かに納得いかないけどさ、結局、王子がよけりゃあいいって話なんじゃないの?」(S9)

  • 顔がしかむ絵本はちょっと・・

  • 2011年5月11日

    <DER FROSCHKÖNIG>

  • おひめさまは金のまりを泉に落としてしまいました。
    そこにかえるが現れます。
    おひめさまはかえると「まりを拾ったら友達になる」
    という約束をしますが・・・

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム兄弟の作品

ツイートする