ギルガメシュ王ものがたり (大型絵本)

制作 : ルドミラ・ゼーマン  Ludmila Zeman  松野 正子 
  • 岩波書店
3.98
  • (18)
  • (27)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 185
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001106176

作品紹介・あらすじ

世界最古の物語「ギルガメシュ叙事詩」を映像作家ゼーマンが愛・友情・信頼の視点から読み直し再創造したユニークな絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 以前読んだ時は、絵の美しさばかりに目がとられたけど
    読んでいただくとギルガメシュの人間性のことが心に残る
    淋しいから攻撃的になったり、保守的になったりするのかな
    5000年前も現在も変わらない気がします

  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「昔話・神話・歴史」で紹介された本。

  • 前から、世界最古の叙事詩と言われるこの本を読みたいと思っていて、図書館にあったので手にとって読んだ。

    まず、絵が素晴らしい!

    話は、5000年以上昔に、メソポタミアで粘土板に楔形文字で記されていたもので、以下の3人が出てくる。

    ギルガメシュは、友達がいない人嫌いの王様
    シャマトは、歌の上手い美女
    エンキドゥは、動物と仲良しの世界一強い人

    話としては、喧嘩して仲良くなる的な感じでは有るが、5000年前に文章として残っていたという点を思い描きながら読むと絵の綺麗さも相まって、没入感を得られるかも。

  • 4年BT「時間」で使用予定。
    エンキドゥに惚れるわ。
    あと2冊も読もう。

  • 28年度(5-1)(5-2)
    27年度(6-3)
    15分
    同時に「ギルガメシュ王のたたかい」『ギルガメシュ王さいごの旅」紹介

  • 太陽神によってウルクの都をおさめるためメソポタミアへやってきたギルガメシュ。神でもあり人でもあるギルガメシュには、友だちはおらずいつも一人でした。そのため、人間の心がどのようなものか分からず、また、人びとに自分のつよさを見せつけるため城壁づくりを延々と作らせました。つかれた人びとは太陽神にたすけを祈りました。そしてやってきたのは、からだを長い毛でおおわれたエンキドゥでした──。
    5000年以上昔にメソポタミアの粘土板に記された、世界最古の物語のひとつ、ギルガメシュ叙事詩を3部作の絵本にしたもの。『ギルガメシュ王のたたかい』『ギルガメシュ王さいごの旅』と続くようですが、本作単独でも楽しめます。重厚感のある絵と物語に、絵本ですが小学校高学年以上向けと何処かで紹介されていたことを思い出した。てっきり悪者として倒されてしまうのかと思っていたギルガメシュ王が、エンキドゥによって人間の心を理解し共に国を支えるようになるとは意外でした。良いお話だなあ。ぜひ続編も読みたいと思います。

  • シュメール人の王の話。
    世界最古の物語だし、時代とか文化とか全然違うけど、
    人がやること、考えること、感じることは、
    結構同じなんだなって思った

  • 世界で一番古い物語『ギルガメシュ叙事詩』の子供向け絵本。ルドミラ・ゼーマンの絵が世界観を出していて素晴らしい。この巻は、何よりも友情が尊いことを教えてくれる。
    出口治明氏の著書に紹介があって読みきかせました。
    小1の息子にメッセージは伝わったかな?エンキドゥが、戦いに敗れ城壁から落ちそうになったギルガメシュ王を何故助けるのか。

  • 評論家の齋藤孝さんのお薦めだったので岩波のネットで買いました。
    世界最古の物語が書かれた時の本当の意図や背景が気になります。

  • 3作通してのレビューです。
    7歳の娘と英語劇の観劇にきていて、最後の演目である「ギルガメシュ王のたたかい」をどうしても観たい!とせがむので、仕方なしにつきあって観ました。
    終わってから訊いたのですが、こどもは図書館で何度も何度もこの大型絵本を読んでいた様で、「エンキドゥはね、、フンババはね、、」と教えてくれます。動物や植物が大好きな娘は、シャマトがお気に入りです。
    劇も大変素晴らしく、娘も食い入るように観劇でき、驚かされました。開演前「どうせ大したことない、こどもには難しくてわからないだろう。どうして我がまま言ってこんなに観たがるのか...」と馬鹿にしていた自分を恥じる思いでした。
    ゼーマンのこの絵本、1993年から順次刊行されており、自分たちは既に成人して手に取ることも無かったために素通りしていた訳ですが、言葉通り、まさに子供に教えられた気分でした。
    2013年、既に一部在庫僅少になっており、慌てて3部作購入しました。
    この最古の叙事詩に魅入られて、親は、月本訳、矢島訳も読むことになりました。2013/12

全27件中 1 - 10件を表示

ルドミラ・ゼーマンの作品

ツイートする