ジョコンダ夫人の肖像

制作 : E.L. Konigsburg  松永 ふみ子 
  • 岩波書店 (1975年12月10日発売)
3.92
  • (23)
  • (11)
  • (25)
  • (0)
  • (1)
  • 125人登録
  • 18レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001106824

ジョコンダ夫人の肖像の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カニグスバーグ・・・
    相変わらず凄いの一言です。
    いつも通り最初は読みにくい。
    自分がどこへひっぱられていくのか検討もつかない。
    ひきずられるまま着いていくと、
    いつのまにやら凄い眺望のところへぽっかりと出る。
    そして読み終わると登場人物が心に棲みつく。

    本当にカニグスバーグはいつも凄い。

    ダヴィンチと手癖の悪い徒弟のサライの物語。
    それだけ知って、あとは黙ってカニグスバーグさんについていきましょう。

    対象年齢は早くて小学校6年生。
    上は大人まで。

  • もう云十年ぶりの再読。
    このお話については何も語りたくない。
    「レオナルド・ダ・ヴィンチ出てきます」くらいならいいかな。
    これまで読んだカニグズバーグ作品の中でベスト(といっても、計3作しか読んでいないが)
    昔読んだ時も、子ども向けの本では飽き足らず、大人向けの本では満足できなかった時代に、本の面白さを教えてくれた作品でした。

    大人になって読んで気づいたのは、訳と訳書名も秀逸だなということ。
    時間が経っても古い感じはしないし、
    英語の作品名をそのまま直訳調に訳したら、
    そのニュアンスは失われた上誤解を招くだろうことを訳者や編集者が考慮したのが感じられる。

  • 人間レオナルドに親愛を感じます。
    「モナ・リザ」を見る目が変わります。

    というか、アニス菓子が食べたい。

  • レオナルド・ダ・ビンチとサライとベアトリチェの話。もっと詳しい話が読みたい。ただ、訳はいまいち、読みづらかった。

  • ダ・ヴィンチにまつわる本です。
    ジョコンダ夫人が誰かを言っちゃうとつまらないので、他の本との比較をお話ししようと思います。

    『ダ・ヴィンチコード』はともかく、『レオナルドのユダ』と『ジョコンダ夫人の肖像』は史実にともない、周りの人の視点からダ・ヴィンチその人を描いています。
    よって、多くの登場人物がどちらにも登場するのですが・・・!面白いのは解釈の仕方によって、全く違う扱いを受けているところです。

    どちらの本にもしっかりと出てきたのは、サライとフランチェスコの2人。
    でも全く別人でした(笑)

    最も基本となる部分、『サライ=美少年(青年)。才能は無いがレオナルドに必要とされる。悪いことするのも平気。』『フランチェスコ=金持ち。』だけは同じですが、そこから『ここまで派生できるのか!』と舌を巻く程の展開が繰り広げられます。

    私は・・・どちらかと言えば『レオナルドのユダ』の方の設定が好きだったかな?(服部まゆみだから、と言ってしまえばそれまでですが・苦笑)

  • (1991.10.12読了)(1991.10.10購入)
    内容紹介 amazon
    永遠の謎を秘めた名画「モナ・リザ」。レオナルド・ダ・ヴィンチは、なぜ、フィレンツェの名もなき商人の妻ジョコンダ夫人の肖像を描いたのだろうか。

  • 子どもの頃一度読んだ覚えたあるのだけど、もう一度読み返してみた。大人になった今になって読むと、行間まですごくよく分かる!
    カニグズバーグのユーモラスがすごく好きなのですが、松永ふみ子さんの訳がまたすばらしい。昔の翻訳って、本当に語彙が豊富で表現が深い。松永さんの訳があってこその面白さでもありますね。

  • カニグズバーグの想像によって創りだされた物語ではあるが
    レオナルド・ダヴィンチを理解したり、「モナリザ」を味わう楽しみを大きく増やしてくれる本

    レオナルド・ダヴィンチの人となり、弟子のサライとの関係が、
    ミラノの支配者イル・モロの妻ベアトリーチェとの関係を加えることでで鮮やかに描き出される

    長年本箱にあって気になっていたのだが思い切って読んでよかった
    一つ一つの章が短いので読みやすい
    短時間で読むことができた

  • この本の読書感想文書いて何かもらった。レオ様と弟子?サライの交流などなど

  • ジョコンダ夫人とはマドンナ・リザ・ジョコンダ=モナ・リザのこと。モナ・リザのモデルは商人ジョコンダの若い妻だった。レオナルドダビンチがこのモナ・リザを描くにあたっては、泥棒少年だった徒弟のサライが深くかかわっている。ペアトリチェはレオナルドが
    つかえていたイル・モロ公の義妹。姉イザベラのように美しくはなかったが、それをわきまえながら生きていくことを知っている女性だった。ペアトリチェは22歳で亡くなるが、ジョコンダ夫人はペアトリチェを思わせる何かがあるとサライは感じた。レオナルドとサライと、ペアトリチェの三人の関係。河合隼雄さんの著書で紹介されていた。読んでよかった。

全18件中 1 - 10件を表示

E・L・カニグズバーグの作品

ツイートする