クマのプーさん プー横丁にたった家

制作 : E.H.シェパード  A.A. Milne  石井 桃子 
  • 岩波書店
3.98
  • (38)
  • (15)
  • (40)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 205
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 石井桃子さんの美しい翻訳が心に響いて読後とても優しい気持ちになれました。

  • 絵本の勉強会に向けて読了。
    アニメと原作だと、キャラクターの名前が違いますね。トラーとティガーとか。意味はおんなじ。

    とぼけた掛け合いの可愛い絵本。
    「ウサギはかしこいね。」「だから何にもわからないんだ。」など、時に哲学も顔を覗かせる。

    個性豊かなキャラクターの魅力は、なんといっても「マイナス面」だろう。
    「頭のわるいくま」であるプーさんを筆頭に、常におびえているコブタや、やかまし屋のウサギ。説明したがりなフクロ、マイナス思考のイーヨー、自分の坊やが一番のカンガに、KYなトラー&ルー。
    どの動物たちも困った欠点を持ち合わせているのに、そこが輝くほど魅力的だ。
    すごいな、作者の味付け感覚。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「すごいな、作者の味付け感覚」
      子どもの頃、この本のトンチンカンさに大笑いして、大人になって、子どもそのものの率直さなんだと感動しています。
      「すごいな、作者の味付け感覚」
      子どもの頃、この本のトンチンカンさに大笑いして、大人になって、子どもそのものの率直さなんだと感動しています。
      2012/05/23
    • ダイコン読者さん
      そうなんですよね。本当に「子どもそのもの」。
      大人が作った可愛い子どもの偶像ではない。そこが大人にとっても子どもにとっても魅力なのだなと。
      そうなんですよね。本当に「子どもそのもの」。
      大人が作った可愛い子どもの偶像ではない。そこが大人にとっても子どもにとっても魅力なのだなと。
      2012/05/23
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「偶像ではない」
      そうですよね!
      「偶像ではない」
      そうですよね!
      2012/06/08
  • 番外編02 第1回ビブリオバトルinなわて なわてvsいこまで発表された本です。 テーマ「大人も楽しい!子どもの本」

  • (2014-12-26)(2015-01-23)

  • 10年近く前、息子に読んだ時も思ったけれど、訳が難解なところがあって、子どもには、わかりずらいところもある。しかし、それを差し引いてもなお、面白い!というのが、この本の驚くべき魅力だ。
    娘は、気に入った章を何度も読んでとせがみ、意味がわからない章は、早く終わりにしろと言いながら(笑)それでも、最後まで楽しく読み続けた。

    最後の章は、母、涙。この本が大好きだった息子は、クリストファー・ロビンのように思う時があっただろうか?
    プーやコブタのぬいぐるみを並べて遊んでいる娘も、プー横丁で仲間たちと遊べなく日も、遠からず訪れるだろう。

    大好きな仲間たちと暮らす日々を手放しても、なにもしないでなんかいられなくなる方を選ぶ日のことを想う。

  • 母が古本屋で買ってきてくれた本。
    初版だったので、言葉がちょっと古いですが・・・
    とてもかわいらしいキャラクターです。

    作中でプーさんが歌を歌うのにメロディーをつけたくなります。

  • アニメも見たことはないが司書課程の課題で読んだ。

    ここまでプーさんがおバカとは知らなかった。びっくりした。

    予想とは違う衝撃を受けた本(笑)

  • 中学か高校以来の再読。

    他人の弁当を無断で食べるプーくま。
    ポエマーなプーくま。
    無邪気に誰かをたすけることのできるプーくま。
    尊敬すべきクマです。

  • プーさんや森の仲間達のおとぼけっぷりに笑い、ほっこりとした気持ちになり、最後は少ししんみりしました。
    挿絵も可愛く(個人的には、ディズニー版よりこちらが好きです)、お勧めです。
    【熊本学園大学:P.N. fudge】

  • おもしろい。ギャグマンガのようです。絵がとってもかわいいです。

全27件中 1 - 10件を表示

クマのプーさん プー横丁にたった家のその他の作品

A・A・ミルンの作品

クマのプーさん プー横丁にたった家を本棚に登録しているひと

ツイートする