風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波の愛蔵版 14A)

制作 : メアリー・シェパード  Pamela Lyndon Travers  林 容吉 
  • 岩波書店
4.30
  • (6)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108132

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 説明が少なくて、想像をかきたてられる。
    巻末の「子どものための本」を読んで、長年のモヤモヤが晴れた心持ちになった。

  • 昔このハードカバーを持っていたのに、捨ててしまった。
    今はもう手に入らないのが淋しい。
    このファンタジーなのに、ふわふわし過ぎないのがいい!
    その時代の生活などが手に取るように分かるのもいい。
    疲れた大人が読むべき。

  • いわずとしれたファンタジー小説
    舞台は現実世界の外国

    平和な一家に
    謎のマジカルメイドがやってきた
    全裸人外ロリもくるよ

    年上メイド好きの人におすすめです

  • 少し気まぐれで、気難しいところもあるメアリー・ポピンズと子どもたちのやりとりが面白かった。
    桜町通りの個性的な登場人物たちと、彼らの周りで繰り広げられる不思議な出来事、一つ一つどれをとっても魅力的でした。
    一話も長すぎることがないので、すらすらと読めた。自分もこういったことが体験できたら、どんなにすてきだろうと思う。

    <小学校中級から上級向き>

    *****

    ディズニーのとは違った性格で、初めはちょっと驚きました!
    でもやっぱり絵の中に入ってみたい!!

  • シロップとか磁石とかジンジャーパンとか。少しずつ覚えていた。夢があって、でも少し切ない。誰にもみなそれぞれのおとぎばなしがあるのですよ、という言葉が印象的。

全5件中 1 - 5件を表示

風にのってきたメアリー・ポピンズ (岩波の愛蔵版 14A)のその他の作品

P.L.トラヴァースの作品

ツイートする