第九軍団のワシ (岩波の愛蔵版 29)

制作 : C.ウォルター・ホッジズ  Rosemary Sutcliff  猪熊 葉子 
  • 岩波書店 (1972年7月10日発売)
3.89
  • (5)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 32人登録
  • 10レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108293

第九軍団のワシ (岩波の愛蔵版 29)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらためてなんと美しい文章なのだろうと思う。

  • 追っ手から逃れるくだりは夢に見そうなほどハラハラしました。草花の色、吹き付ける風雨、獣のにおい、たちこめる霧と足下の泥の感触、差し込む光はありありと浮かぶのに自分に知識がないので人物のビジュアルの想像が上手くできないのが口惜しい。映画観てみようかしら。
    続編はマーカスとエスカのDASH村じゃないみたいで残念。

  • 紀元2世紀ブルタニア(現グレート・ブリテン島)のお話。ローマ人と奴隷だった2人の男が、冒険と旅を通して友情を結んでいく姿がイイ!歴史の流れの無情さにしんみりします。

    熊本県立大学:トルコ石

  • 請求記号:933サ
    資料番号:020050027

  • これが映画になったとき、父が「昔好きだった」と話していたため、読んだ本。
    行方不明の父親の謎を追う息子の話。なにもかもうまくいくわけではないが、冒険を通じて、挫折とその先にある未来を切り開くすがすがしさは少年ものとして確かに名作。

  • その時代の物語を読めば、知ることができると言っていた。
    この作品は空の色や風に草が揺れる様子、そんな景色や匂いが浮かんでくる。
    足を負傷し軍人でいられなくなった後、必死に親指を掲げ戦わされる剣闘士エスカの存在を請う。命を懸け鷲の復興を目指し彼と旅に出て、木の幹のふもとで祈り、そして最後の砦を経て、雨の降る地に戻ってくる。その文章の美しさ、気高さ、人々の生きる力に圧倒されます。

    この本の存在はわたしの中でとてつもなく大きいです。


  • 映画化の話があるそうです。

  • 終われる恐怖が本当にリアルに表現してあります。
    夢に出て来て恐怖した…

  • ローマンブリテン3部作の一作目。

    全滅した第九軍団の指揮をとっていたのは、主人公の父親だった。氏族(ケルト人)に奪われた軍団の象徴、ワシを求めて主人公は国境を越える。ケルト人の奴隷とともに。二人の友情の深まりと結末が爽快です。日記6/22に、この作品のモデルとなった発掘品「シルチェスター・イーグル」の写真を載せてます。

  • 再読。

全10件中 1 - 10件を表示

第九軍団のワシ (岩波の愛蔵版 29)のその他の作品

第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579) 単行本 第九軍団のワシ (岩波少年文庫 579) ローズマリ・サトクリフ

ローズマリ・サトクリフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スーザン クーパ...
パトリック・ネス
ローズマリ サト...
ダイアナ・ウィン...
荻原 規子
ローズマリ・サト...
ローズマリ サト...
アーシュラ・K....
ロバート ウェス...
デイヴィッド・ア...
ローズマリ サト...
上橋 菜穂子
アーシュラ・K・...
アーシュラ・K....
ダイアナ・ウィン...
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

第九軍団のワシ (岩波の愛蔵版 29)はこんな本です

ツイートする