森は生きている―四幕十場 (岩波の愛蔵版 38)

制作 : L.ズスマーナ  湯浅 芳子 
  • 岩波書店
3.40
  • (3)
  • (4)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 劇団仲間の音楽劇が大好きで、何度見たことやら。
    今思えば、12月の兄弟設定が気に入ってたのかなあ(当時小学生。今ではすっかり香港ノワール映画好き)。

  • ワークショップ「暦の本棚をつくろう!」:“図書館のおすすめ”本  春のマツユキソウを真冬に欲しがるわがままな女王のおふれ。継母に命じられて花を探しに出た娘は、一月から十二月までの月の精に出会います。十二の月はそれぞれに豊かな贈り物をもってきてくれるということがわかる戯曲です。

  • 子供の頃にあこがれた精霊たち、それはこの本に出てくる12人の精霊たちを知ったからです。この本はソビエト連邦時代の児童書で冬の寒さ厳しいロシアの大草原、雪深い森の中でのお話です。わがままな女王が、真冬のさなかに春の四月に咲くマツユキ草を持ってきたものに褒美を与えるというお触れを出します。ほうびの金貨に目がくらむ継母のいいつけで、娘が吹雪の中マツユキ草を採ってくるようにと夜中の森に追いやられます。森の中で娘はたき火を囲む十二人の人たちと出合います。実はこの人たち、森に住む12か月の精霊たちでした。精霊たちのおかげで、娘は凍えることなく無事マツユキ草を手に入れて帰ることができたのです。「森は生きている」…素敵なタイトルだと思いましたが、これはもしかすると四季折々の美しさがある日本だからこそつけられた題名なのかもしれません。本場のロシアの自然は厳しいものだといいますからこの国の人々はおそらくこのような優しいタイトルつけないでしょう。大人になって読み返すとそんな疑問もわいてきました。けれども、幼い私に、時期外れのモノを捜すことがとても大変だということや一年は十二ヶ月あり、
    そのひと月ごとに生き物に対する役割や意義があることを初めて教えてくれたのはこの本でした。眼には見えなくても地球の中で息づく大自然にはやはり精霊がいる、と心のどこかで信じたくなる神秘的な本です。

  • 『雪の断章』に引用あり。

  • 滋賀などを舞台とした作品です。

  • ロシア

  • 小学生の時に伯母に買ってもらった本。
    当時「転がれ転がれ、指輪よ…」って暗記しましたね。

  • 【気まぐれな女王が、真冬に4月の花マツユキソウをほしいといいだし、国じゅう大さわぎ.継母のいいつけで吹雪の森に分け入った娘は、12の月の精たちに出会います。】

  • ぼ、ぼくは犬のシューバはいらないんだな…

  • 宝物の一冊
    森は生きている

    子供の頃に出逢った
    あまりに素敵すぎる児童書

全11件中 1 - 10件を表示

サムイル・マルシャークの作品

ツイートする