ぼくのうちに波がきた (大型絵本)

制作 : マーク・ブエナー  中村 邦生 
  • 岩波書店
3.58
  • (3)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◆オクタビオ・パスの「波と暮らして」を絵本でどう料理するのかに興味をひかれて。◆表紙には良心的に「原案」と明記。「波」と屋内で暮らす世界観はマーク・ブエナーが上手にビジュアル化していて、「なるほど」と思うものの、主人公がアメリカンな明るい男児であること、さらにアメリカンな両親が加わってくると、やはりこれは別物…。また海や波の絵の中に隠し絵がふんだんに施され、ミッケ!状態に夢中になるムスコたち…。絵本としては十分成立しているが、原作「波と暮らして」をほろ苦い恋愛譚として愛する私には違和感が。◆原案にないラストはちょっと絵本としてよかった。◆訳者あとがきに、パスの紹介あり。パスの原作にもエミリー・ディキンソンの影響があることを知ることができてよかった。しかし、うーん、誰にどのように手に取って欲しい絵本なのか?

  • 自然には、楽しいと怖いが裏表のようにして存在している。
    読んでいると、楽しい思い出と怖かった思い出が交互に蘇ってきて、こんなナンセンスな話が、何故か、リアルに感じるから不思議だ。
    ちょっぴり怖い、不思議ワールド。空想力豊かな子どもたちは、このナンセンスを、私より、もっと身近に感じるかもしれない。さらなる空想に導いてくれるラストシーンは、必見だ。

  • これは何が言いたいのだろう?難しい。波と友達になって家に連れて帰るのだけど、楽しく暮らすうちにだんだん機嫌が悪くなる波。子供は、楽しいけどやっかいなものを持って帰ってくるものだ。波の絵は美しい。

  • 波がついてきてしまいます。
    波とのナンセンスな暮らしぶりが読んでいて楽しいです。

  • 2013年8月19日

    <MY LIFE WITH THE WAVE>

  • 2004年度  5年生  8分
    2005年度  6年生

  • 2010/10/05 6-1

  • 表紙の波を持つ男の子が印象的で手に取った一冊。

    波を連れてかえって、飼う、という発想がおもしろくって、
    絵も美しい。

    だんだん手に負えなくなる波を、ついに手放すところも
    夏休みの終わりのさみしさって感じでイイ。

    いろんな絵本があるなあ!

  • これ、私は突拍子もなくて
    大好きなんだけど、うちのこは
    まだ小さくてわからないみたい。

  • この突拍子もない設定に脱帽! 何たって《波》が家に来ちゃうんだから☆ シュールな話にシュールな絵のコンビネーションには大爆笑!

全10件中 1 - 10件を表示

オクタビオ・パスの作品

ツイートする