美女と野獣 (大型絵本)

制作 : ビネッテ シュレーダー  Mme.Leprince de Beaumont  Binette Schroeder  ささき たづこ 
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (38ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108798

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ディズニー映画の中で一番好きな美女と野獣。原作はまた違っていてよかった。ベルみたいな、謙虚で意志と正義感の強い女の子に憧れる。

  • この作品の古い起源「アモールとプシケー」 (2世紀のローマ時代)
    近代、C.Sルイスなど度々引用、改作される。
    グリム童話集「夏の庭と冬に庭の話」「なきながらぴょんぴょん飛ぶひばり」という類話がある。

    解説にも注目。
    引用あり。

  • フランスの有名な異類婚姻譚の民話を絵本にしたもの。
    恐ろしささえ感じる、幻想的な色使いが美しい挿絵がすばらしい。
    ベルの、みにくい野獣に対してどうしても感じてしまう恐れと、一緒にいる内に分かってくる心の純粋さに惹かれる気持ち、嫌悪と好意が同居した関係が愛へと変わっていくストーリーに心打たれます。
    改めて名作だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ボーモン夫人(1711年~1780年)●
フランスの童話作家。ボーモン氏と離婚したのちイギリスに渡り、教師をつとめてから、帰国して作家となる。生涯70を超える児童文学の作品を書いた。文体は教科書になるような正しく素直で品のある表現を心がけ、教育的な内容のものが多い。「美女と野獣」は、古くからある言いつたえや先行する作品をもとに、近代童話のさきがけとして1756年に出版されたもので、今日まで人気の作品となった。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ボーモン夫人の作品

ツイートする