おさるのジョージパンケーキをつくる

制作 : M.レイ  H.A.レイ  渡辺 茂男 
  • 岩波書店
3.64
  • (9)
  • (17)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 172
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001108972

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 629
    4y0m
    Kくんと読むので、最近は好きかどうかよく分からない

  • [江戸川区図書館]

    図書館に本を借り換えに行った歳に1人で読んでいた本の一冊。速く読めるようになったね。

  • 資料番号:020032660 
    請求記号:Eレイマ

  • しろくまちゃんのほっとけーきが大好きで
    『ほっとけーき!』と表紙を見て喜んでいますが、
    話が長くて途中で飽きてます。
    ジョージも大好きなのに、ホットケーキも大好きなのに…

  • テレビのジョージが好きでくりかえし読みたがるが、字が多い。読み終わらないうちにページをめくられてしまうので、要約する能力が身についた(笑)

  • ブルーベリー入り、焼きたくなった☆

  • ジョージが次男に似ている…行動がやばいくらいに。

  • *未購入*
    2歳10ヶ月時、図書館にて借

  • 昨年末くらいから、「ひつじのショーン」にはまっている子供達。その前にやっている「おさるのジョージ」の絵本に興味を持つのは必然か(笑)岩崎良美さん調で読んでみました。

  • 3歳11ヶ月姉姫が図書館で選んだものの、読む時間がなくて一度返した本を、4歳4ヶ月にして再び選んで借りたもの。

    正直、岩波版(というか、レイ夫妻自身ではなく他の人達が作っている"Curious George")のものは、妙に教訓臭くて個人的にはあんまり好きじゃない。
    ひとまねこざるがひとのマネして、なんかトラブル起こしてさあ大変、でもなんか雨降って地固まったりもするよ?なところが、この作品の最大の魅力だと思うのだけれども、岩波版のってその「地固まる」部分がすごくクローズアップされすぎて、ジョージがとってもイイ奴になっちゃうから、面白みに欠けるんだよね。
    ジョージの魅力って、子供が大人のミニチュア版として完全に分離した概念で捉えられるキリスト教文化圏において、自分の興味と好奇心だけで人間の常識に捕らわれずになんでもやってしまうジョージという「大人でも子供でもない存在」がいること――子供が出来ないとされる大人の分野、ないし大人と子供の垣根をやすやすと飛び越えてしまう存在としてジョージがあって、そこが面白さの源泉だと思うのだけれども、そこに「道徳的に良いこと」というエッセンスを無理矢理ねじこんじゃうと、変に臭みが出ちゃう感じ。
    その臭み、4歳という姉姫でもなんだか感じるところがあるらしく、「前に借りた(福音館版『ひとまねこざる』の)方が面白かった」と言っていました。ジョージがやった事がすごく良いこと、みたいになっちゃうのって、やっぱりなんだか変な感じ。

    それにしても、テレビアニメでジョージを見てるせいか、2歳0ヶ月ちび姫が「じょーじ、じょーじ」とやたらに食いつきましてん。
    君がこの違和感に気付くのはいつの事になるかしら……。

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
A.トルストイ
にしまき かやこ
ハンス・アウグス...
エリック カール
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする