ひとまねこざるびょういんへいく (大型絵本)

制作 : H.A.レイ  光吉 夏弥 
  • 岩波書店
3.78
  • (5)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109269

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • おさるのジョージの、うれしい顔、悲しい顔、いろいろな表情がかわいい。大好きな本です。

  • 誤飲事故の話。
    誤飲を戒める内容だったらいいのだけど,これでは入院先の出来事が楽しすぎて逆効果の懸念も…。さすがのジョージクォリティ。。

  • 家庭文庫で、子どもに「これもおもしろいよ」とすすめられてよんだ

    はめ絵のこまをキャンデーと間違えてのみ こんでしまった じょーじ が、 子ども病院に入院するお話し
    誤飲したすぐ後の じょーじ の神妙な表情と、最後の じょーじ の悲観的な様子に、思わず笑ってしまった
    入院すること・入院生活のことがわかりやすく描かれている

  • じょーじシリーズ。話は長いのですが、病院の薬や注射、手術など、気を抜けない事の連続で、子ども達は静かに聞いています。緊張の間にジョージがおかしな事をしたりするのが嬉しいみたい。読み聞かせ1年生でも良く聞いてくれます。

  • タイトルまんま。おさるのジョージが病院で一騒動巻き起こす。

    娘は「『はめえ』って何??」と。
    そうだよねぇ。そこはもう「パズル」でもいいんじゃないかと。

  • 怪我の功名?

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • ひとまねこざるのお話。
    じょーじが病院にいくのは初めてではありませんが、今回の話は、じょーじの失敗で、べっちぃが心を開くところが素敵でした。
    じょーじが失敗に落ち込んで泣いている表情も母性本能をくすぐります♪

  • はめえのこまを飲みこんで入院したじょーじ。病院でいろいろな子どもたちを楽しませますが、好奇心からまたもや大失敗をしでかします。ジョージと子どもたちの交流、失敗しても暖かく接してくれる大人たちの対応が印象的。

全9件中 1 - 9件を表示

ひとまねこざるびょういんへいく (大型絵本)のその他の作品

マーガレット・レイの作品

ツイートする