川をくだる小人たち (小人の冒険シリーズ 3)

制作 : ダイアナ・スタンレー  林 容吉 
  • 岩波書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109337

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トムがアリエッティの全てを知っているのかと思いきや、いきなりの入院でケイトはお役ごめん。
    刺激的な旅が再び。
    スピラーの万能ぶりが妙に癪だが面白かった。
    まさかまた登場するとは、マイルドアイは人気だったのだろうか。

  • 床下から野に出た借り暮らしのアリエッティたち。父ポッドや母ホミリーと違って、アリエッティは野に暮らすことを喜ぶが、人間の住むところから離れて暮らしをたてていくのは、かなり大変。

    野で知り合った、借り暮らしの少年・スピラーたすけで、一家は親戚のルーピーおばさんたちが住むところへたどりつき、居候のように住みはじめるが、アリエッティは外の生活に思いをはせる。スピラーがずっと続けているような野の暮らしは、もう二度とないのか?

    ▼スピラーの話が出ると、アリエッティは、野外の生活を思い出してしまうのです。自然で、のびのびとした、自由な生活、もしかしたら、またと味わえないかもしれないものなのです。この、こんど見つけた、木ずりとしっくいのあいだの安息の地が、すぐにもまた、あたらしい牢獄になるかもしれなかったのです……(p.59)

    このアリエッティの感覚は、父や母とはかなり違う。
    だが、父ポッドも母ホミリーも"居候"生活にしだいにストレスを感じはじめる。親戚といったって、ルーピーが貸してくれるものは「貸したいと思うものだけ」で、ポッドやホミリーが選んだものではなかった。「くるんじゃなかったね」「ほかにどうしようもなかったさ」「出ていかなくちゃ」とホミリーとポッドは話す。

    そして、一家は、やってきたときのように、またスピラーの助けを借りて、出ていくことにする。どこから?下水を使って。

    その下水をとおって出ていくあいだ、アリエッティはワクワクとしていた。父ポッドも、気づくとずいぶん上機嫌なようだった。

    ▼…アリエッティもまた、ふしぎなくらい楽しい気もちでした、いちばん親しいふたりのひとといっしょで、それにスピラーも加わって、あかるい夜明けにむかって進んでいるのです。アリエッティは下水のことなんか、ちっともこわくありませんでした。それは、現に、ほこりと、ロウソクの光と、とじこめられた暗がり、そうしたものから離れてくらせる生活に、みちびいてくれているのです─昼は太陽がかがやき、夜は月の光に照らされる生活なのです。(p.141)

    そして下水をぬけて川に出たあと、ひどい雨の日にアリエッティたちは寝場所にしていたやかんごと流され、川をくだることになる。

    とじこめられた場所で暮らすのではなく、外へ出たいと思うアリエッティの気もちと行動は読んでいて、なつかしいような感じ。その外の世界は読んでいるこっちがはらはらするような危険と隣あわせでもあるのだが、肝を冷やしながらも、力をあわせて、アリエッティたちは危機をのりこえる。

    父ポッドや母ホミリーの言うことも、わからないではないけれど、アリエッティの自分を恃む気もち、外へ出たいという気もち、そこがこの物語を読んでいてやはりイイな~と思う。

    映画を観た人によると、映画ではこのアリエッティの思春期の心映えが描かれていないのだそうだ。男ばかりで制作していて、そこが汲めなかったのかなーとのことだけど、そうだとしたら、この物語のイイところのひとつを抜かしているのはもったいないというか残念というか…

  • メアリー・ノートン原作の小人の冒険シリーズ

    例の、ジブリで映画化「借り暮らしのアリエッティー」の物語です。

    川をくだる小人たち新版</a>

    下水道の暗闇を抜けて、川の増水で、思わぬ展開・・ヤカンに乗って川をくだります。

    借り暮らしの小人にしては、やたらと見栄っ張りのお母さんにはあきれますが、今回は、そのお母さんが大変なことに

    人間の釣り針に引っかかってあわや・・・

    かわいそうに、スカートだけ持っていかれてしまいました。

    小人たちの物語
    http://book.uunyan.com/little/">http://book.uunyan.com/little/

全3件中 1 - 3件を表示

川をくだる小人たち (小人の冒険シリーズ 3)のその他の作品

メアリー・ノートンの作品

ツイートする