おさるのジョージ まいごになる

制作 : H.A. Rey  Martha Weston  渡辺 茂男 
  • 岩波書店 (2003年10月8日発売)
3.38
  • (5)
  • (4)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109450

おさるのジョージ まいごになるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスマスプレゼントを買いにきて、おいてあった箱がきになって箱をぜんぶあけてしまって、その間におじさんがどこかへ行ってしまって、ジョージがまいごになるという本です。

  • 定番的に楽しめる。

  • 593
    3y11m

    りおちゃんじょーじにはまる

  • 4歳9ヶ月姉姫が自分で選んで借りてきた絵本。2歳4ヶ月ちび姫もジョージは大好きなので、二人してよく楽しんで読んでいました。
    正直、「ジョージがNYを適当に迷子になった挙げ句戻ってきた」というだけの話で、オチも何もないので、読み聞かせる親としては微妙な感じなのだが、それでも子供はジョージが出て来てあちこち行くだけで大喜び。自らをプレゼントにしたジョージには、クリスマスの興奮もあってか、すごく楽しそうでした。その後、やたらに自分にリボンをつけて遊び合っていたもんなあ。姉妹とは面白いものです。

  • よくデパートに帰って来られました。

  • 息子の言葉:きいろいぼうしかぶってるのって、きいろいぼうしのおじさんだけじゃないんだね。知らなかった~。

  • 2009.05

  • ニューヨークで迷子になっちゃうジョージ。でも、無事におじさんと会えて・・・。ちょっと日本人には??な部分も。

全8件中 1 - 8件を表示

ハンス・アウグストレイの作品

ツイートする