魔法のオレンジの木―ハイチの民話

制作 : エルサ・エンリケス  清水 真砂子 
  • 岩波書店
3.78
  • (3)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109849

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハイチに伝わるお話を集めた本。
    娘と一緒に参加したおはなし会でこの本に入っている「名まえ」というストーリーを聞き一目ぼれ(一耳ぼれ?)。俄然興味を持ったのでその場で借りてきた本ですが、自分のインスピレーションに従ってよかった!と思いました。
    まったく触れたことのない国・民族・文化の民話はとても興味深く、読んでいて先の読めないわくわく感が強かったので言葉で言い表せないくらい面白かったです。
    日本やヨーロッパの民話は多少読んで知っているつもりでありますが、この本に収められているお話はどれもこれも今まで味わったことのないストーリーばかり。グロテスクな表現もあり、残酷な話もあり、それがオチなの!?と、理解できない展開もありますが、採話された方がハイチという国の歴史や文化などを少しずつ紹介しながら物語が進むので理解を深めつつ読むことが出来ると思います。
    こういった、理解を深めるのに適した形で採話・出版されたウォルクスタイン女史は本当に素晴らしいと思います。
    児童書カテゴリにしましたが大人も十分楽しむことが出来る本です。手垢のついていない(笑)物語を読みたくなった方は、ぜひ。

  • 自分も「クリーク?」って聞かれたら、「クラック!」って答えて、お話の輪の中にいたい気分になりました。
    グリムやイギリス、北欧などの昔話は読んだことがありますが、ハイチは初めてでした。
    世界で似てる話もあり、ハイチ独特の話もありと楽しめました。

  • 著者が収集したハイチの昔話。収集した時のコメントがあるのがおもしろい。耳で聞くと活字で読むよりずっとおもしろいのだろうと思われる。語りがまだまだ生活に密着している事が感じられる。聞き手と語り手の掛け合いなど、体感したいなと思う。

    収録
    魔法のオレンジの木
    二頭のロバ
    フクロウ
    男をベットに入れておやり
    悪魔のあごひげ
    たまご裁判
    テイザン
    ネコとイヌと死者の話
    夢のお告げに耳をかさなかった男
    神さま(パパ・ゴット)と死神さま
    プキ、コーキーオコーを踊る
    神さま(パパ・ゴット)のおくったキジバト
    歌う骨
    砂ぎも
    不幸をねだったサル
    名まえ
    ネコの洗礼
    あたしがテピンギー、この子がテピンギー、あたしたちもテピンギー
    大どろぼう
    馬とヒキガエル
    川の母
    しあわせなロバ
    ひとりおいで かあさんのところへ
    食うなのリンゴ
    パパ・ゴットが一番、人間が二番、トラはびり
    ハイチの最後のトラ
    バイバイ

  • 中央アメリカの西インド諸島にあるハイチ共和国の民話です。

全6件中 1 - 6件を表示

ダイアン・ウォルクスタインの作品

ツイートする