グリム童話集〈1〉

制作 : グリム兄弟  茂田井 武  相良 守峯 
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グリム童話の代表作の一つ、『ヘンゼルとグレーテル』
    のパロディ(決して面白可笑しくはないけど)を読む前に、
    予習復習(やらなかったな〜って関係ない)のため、
    あらためて読んでみた。(読んだのはこの表紙の1966年初版)



    ???

    こんな話だったっけ…グリム童話って…。
    というのが正直な感想。いろいろと凄いね。

    すぐに殺しちゃうわ結婚しちゃうわで大忙し。
    『本当は恐ろしいグリム童話』なんて本もあったけど、
    本当はも何も普通に怖いんだけど。

    話自体は教訓や示唆に富んでいるんだけれど、
    先述のインパクトが大きすぎて霞んでしまうな…。

    だがしかしだがしかし、読後に感じたことは
    “もう少し読みたい”
    だったりもする(笑)。この集の“2”と“3”もそのうち読んでみよう。

    • pako1206さん
      パロディって、私のオススメのことかな?
      グリム童話集は子供のころ大好きでした(*^^*)
      大人になって読むのいいですね(^з^)-☆
      パロディって、私のオススメのことかな?
      グリム童話集は子供のころ大好きでした(*^^*)
      大人になって読むのいいですね(^з^)-☆
      2013/08/06
  • 童話といえばこれだな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

グリム兄弟●
19世紀にドイツで活躍した文学者のヤーコブ・グリム(1785年~1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786年~1859年)の兄弟。裕福な家に生まれたが、父の死で困窮、親族の援助で大学に学び、優秀な成績をおさめた。兄は法律家としての活動でも知られる。ドイツ各地の古い民話を収集し、創作を加えて『グリム童話集』としてまとめた。160以上の言語に翻訳されたと言われ、世界中で読まれている。

「2017年 『美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グリム童話集〈1〉のその他の作品

グリム童話集〈1〉を本棚に登録しているひと

ツイートする