ジム・ボタンの機関車大旅行 (ジム・ボタンの冒険 (1))

制作 : ラインハルト・ミヒル  Michael Ende  上田 真而子 
  • 岩波書店
3.89
  • (61)
  • (44)
  • (82)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 367
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001109986

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エンデ作品は子どもの頃、モモを読んだきりで、一度ちゃんと読んでみたいと思っていた。
    読んでは見たけれど、感想に困るというか、どうにも物語世界に入り込めず読み終えるのに時間がかかってしまった。ジムやルーカスやエマや、登場人物達は魅力的だと思ったしつまらなくはないんだけど、なんとなく理屈っぽさを感じた。
    マンダラ国は完全に中国っぽくて、オリエンタリズムと思ったけれど、黒人の少年を主人公にして、砂漠の巨人のトゥートゥーさんに、(ジムの黒い肌に対して)「生まれつきのことで、べつにへんなことでもなんでもない」「たいていの人は残念ながら、そう考えない」と言わせていて、エンデなりの思想をファンタジーに込めたのかな、と。
    オリエンタリズムというか、ちょっと子どもの頃に読んだアラビアンナイトっぽさも感じたので、先入観なく子どもの頃に読んでいたらもう少しワクワク出来たのかな。
    とはいえ、ジムの出生の秘密が気になるので続きも読むつもり。

  • うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

  • おもしろい。名前のセンス、物語の構成、好感がもてる登場人物たちのキャラクター、描写力など、ミヒャエル・エンデはとても高いセンスを持っていると感じる。
    エンデが好きだと言いながら食わず嫌いしていたのだが、処女作でもう『はてしない物語』の片鱗をみせているのに感激した。

  • 息子と一緒に読みました。機関車が海をわたったり。
    面白い冒険ものです。

  • 「モモ」の作者のミヒャエル・エンデのデビュー作。「モモ」のエッセンスが含まれているらしいけど、そんなことは関係なく、ハラハラドキドキで面白い。

  • これエンデの初期の作品だよね。デビュー作だっけ?すごくおもしろかった。どうなっちゃうんだろう?て読んでて心配しちゃうようなことも、ちゃんと解決されて楽しい。

  • とても面白かったです!登場人物がみんなすごく生き生きとしていて、アニメや映画のように映像が鮮明に思い描けました。特に機関車のエマは本当に生きてるのかと錯覚したくらい。訳者あとがきの「ものをものとしたまま、ものに命を感じる心」っていう言葉がとても印象的でした。見かけ巨人も半竜もいい味出してたなぁ。竜の町の絵もステキだった!

  • 機関車が船になって海をわたるとは、思わなかった。ミセス・イッポンバのキャラが良かった。次の続編でミセス・イッポンバがどうなるか楽しみ。

  • エンデ全集読破計画の最初の作品です。デビュー作でしたっけ?

    自身の少年時代の思いを込めて、自分の楽しみのために気ままに物語を書き続けていたら、一冊の本ができていた・・という製作エピソードに著者のセンスを感じます。登場する架空の国、人、生き物など「はてしない物語」で健在だったファンタジー要素が溢れかえって
    解説より、それでいて学校の批判、官僚への皮肉など、現実的な言及も盛り込んであるとか・・。もう一度いつか読み返したくなる感覚・深さもエンデ作品の特徴ではないでしょうか。続編も期待!

  • 娘四歳と父さんで頑張って読みました(*^^*)すっかりハマって毎日ジムボタンごっこしながら寝て居ます。

全34件中 1 - 10件を表示

ミヒャエル・エンデの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
ミヒャエル=エン...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジム・ボタンの機関車大旅行 (ジム・ボタンの冒険 (1))に関連するまとめ

ジム・ボタンの機関車大旅行 (ジム・ボタンの冒険 (1))を本棚に登録しているひと

ツイートする