せむしの小馬 (岩波少年文庫 (1017))

制作 : プレスニャコフ  網野 菊 
  • 岩波書店
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001110173

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イワン、と云えばどうしても「ああ、なんだかよく知らないけど馬鹿でお馴染みのあの人」と思わずにいられません。
    これもひとえにトルストイが『イワンのばか』なる子ども心にもすげえインパクトの作品(名)を遺しているからに他ならないのですが、それと同じくらい、今なお私の心の中でモジョモジョしているタイトルがあります。
    奇しくも同じくロシアの文学作品『せむしの小馬』であります。

    藤城清治氏の影絵とともに刷り込まれた『せむしのこうま』という言葉。
    無論、当時は「せむし」の意味など全く理解していないほど幼かったのですが、藤城作品の“目力”とも云うべきものに魅了され、今日に至るまで、強烈なビジュアルイメージとして脳裏に焼き付いております。

    で、長らくストーリーそっちのけになっていたのですが、この度、改めて読んでみようと思い立った次第(図書室でたまたま目を落とした棚にあったから)。

    ばかのイワン(お前もか!)が偶然知り合った喋る小馬に導かれ、農民から国王にまで駆け上る逆シンデレラストーリー。
    民話の中の「ばか」って、ちょっと謙遜入ってるような所があるじゃないですか。「愚直」とか「ばか正直」とかの言い換え、みたいな。
    今回のイワンはそんじょそこらの「ばか」じゃないと云うか、結構本気でバカっぽいのです。
    固いパン食べながら歩くんですよ?しかも、固くないパンも食べながら歩くんですよ?この「食べ歩き」描写のリアルさったら!
    それだけじゃなくて、賢い小馬がせっかく正解ルートを教えてくれるのに、言う事聞かなかったり寝過ごしたりして失敗するし。イワンがばかじゃなかったら、本の厚さも半分になっているのでは。

    とは云え、そんなイワンがよちよちフラフラ繰り広げる(巻き込まれる?)冒険はびっくりするほど壮大で、しかもその冒険の詳細を第1章の終わりにザックリ説明してしまう手法が超カッコ良くて、娘がもう少し大きくなったら今度は一緒に読みたいなーと思いました。

    その時にはタイトル変わっちゃってるかもしれませんが……。

  • おばかのイワンが、友人となったせむしの小馬と大冒険する詩物語。調子のいい日本語にされてて面白かったです。年甲斐もなく15の姫を誘拐させて惚れて結婚して「わたしはうつくしいけど、あなたはどうなの」ときっぱり言われる王様に笑ってしまいました。ロシアにはばかが宝を得るということわざがあるそうですが、「怖いのを気にしない、ばかだから。」という感じですね。あと魚たちの地位が面白かった。クジラは王様、なまずが参事官、キンメダイは不良ww新鮮でした!

  • どこかで読んだことがあるようなプロット、どこかで聞いたことのあるような人名、どこかで見たり聞いたりしたことがあるモチーフが満載されたいわば「寄せ集め」のお話だと思うんだけど、不思議と統一感があるんですよね~。  この統一感を醸し出している一つの要因はやっぱりこの「文語調」・・・・と言うか、「詩」という形態が一役買っているような気がしました。  恐らくこの「詩物語」を「ロシア語」で味わうことができたら、もっともっと「音の響き」も「リズム」も素晴らしくて、それだけで音楽を聴いているような気分になるのじゃないかしら?

    又、この本は毎度のことながら挿絵が素晴らしいんですよ。  あとがきによれば1969年にモスクワで出された当時の若手画家の作品なんだそうだけど、いかにもロシア的な版画風の絵で雰囲気良すぎ  残念なことに表紙以外はモノクロなんだけど、表紙のイワンがせむしの小馬のお母さん馬をつかまえたシーンの挿絵の色使いなんてシャガール風(もしくはステンドグラス風)で、どことな~く古き良き時代の「写本」の雰囲気さえあるような気がしませんか??  この本がハードカバー(昔の岩波少年文庫のように)だったら、絶対に愛蔵版にしちゃいたいぐらい!!

    (全文はブログにて)

全3件中 1 - 3件を表示

エルショーフの作品

ツイートする