ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 1021)

制作 : ヒュー・ロフティング  井伏 鱒二 
  • 岩波書店 (1978年7月発売)
3.36
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 33人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001110210

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 1021)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生のときに図書館でこの全集を見つけ、初めて手に取り読んだときのあのわくわく感!ドリトル先生やトミーと一緒にいろんな国を冒険したもんです。
    大人になり書店でこの改版を見つけ、全作品ゲットしてしまいました。もし将来私に子供ができたなら、読んであげたい作品です。

  • 原田マハさんの講演会で、ドリトル先生がお好きだと聴いた
    「ドリトル」や「オシツオサレツ」などの井伏鱒二の翻訳の妙の話も聴いて、有名どころだし読んでみたいと思い、図書館で借りた

    動物の言葉を理解し会話できるドリトル先生が、サルの疫病を治療しにアフリカへ行くおはなし
    巻末に、井伏鱒二のあとがきと、石井桃子の登場人物と各巻紹介がある

    動物の言葉がわかるというのは、(どうせ)生まれつきの特殊能力なんでしょ、と思って読み始めたら、違った
    ドリトル先生は、動物たちに言葉を習っているのだとわかり、好感を持てた
    黒人差別的な部分もあったりして驚いたけれど、書かれた時代をかんがみれば仕方ないようだ
    原田さんイチオシのオシツオサレツの場面が印象的で、おもしろかった
    私が小学生だったらもっと楽しんで読めただろうと思うのが、少しさびしい

  • 請求記号【93 ロ】5年生くらいから

  • 児童文学の名作と名前だけは知っていたけど、読むのは初めてだった。

    先生の動物と話せるところとかはすごく憧れるなぁ。
    なんか、この本が訳されたのが戦時中だったということだけど、もし私がその時に生きていて、この本を読んだら、今読んだ以上にドリトル先生やアフリカのサルの国にあこがれてやまないだろうなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

ヒュー・ロフティングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ドリトル先生アフリカゆき (岩波少年文庫 1021)はこんな本です

ツイートする