おさるのジョージやきゅうじょうへいく

著者 :
制作 : 福本 友美子 
  • 岩波書店
3.32
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001111071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョージがへんなサインをおくったところがおもしろかった。

  • Read in English
    568
    3y6m

    このシリーズにハマって読んでいてかわええ
    でもこの本は好きじゃない

  • これは非常に残念。
    ジョージっぽさはあるのだけれど原作者の読んでいてワクワクするようなそして優しいまなざしを感じられるようなそういう言葉がない。
    絵だけがジョージだけれど、ちょっとがっかりしてしまった。
    「ひとまねこざる」シリーズとは一線を画す。

  • 2歳2ヶ月
    先に映像で知っていたおさるのジョージ。
    絵本でも好きみたいです。

  • 僕はこのシリーズ苦手なんだけど息子クンは結構お気に入りなようで。ジョージがカメラを覗きこんでオーロラビジョンに大写しになる場面で大爆笑

  • [豊丘図書館]

    4歳の息子が好きなテレビアニメの一つ、おサルのジョージの絵本です。ここ1年くらいアニメを見ていて知っていたので、アニメ版のジョージの絵本に反応して、図書館で「これ、借りる!」でも結局手にとったのは、初版の方の、アニメ版とは異なるイラストの旧い方のシリーズ。てっきりイマドキのアニメの方が好みかと思いきや、案外子供の方が"良さ"をわかっているのかなぁ?とても不思議な感じがしました。

  • まいごのパパ探しに一役!

  • 4歳姉姫(アニメのジョージ大好き!)の為に借りてるジョージシリーズ。自力でも読もうとしていたけれど、長いので、もっぱら私の読み聞かせでした。
    特に「世の中に絶えて野球のなかりせば春の心はのどけからまし(元ネタ:在原業平)」と豪語して憚らない旦那の季節・プロ野球シーズン開幕とも重なったので、だいぶ興味深く読めたようです。「なおマイナーズは●対●で敗れました」は、私が読み聞かせ終わった後につける旦那のテンプレ(笑)

    ただ、読み聞かせしている身としては、岩波版(光吉夏弥氏訳)の方が、ソフトな語り口調で好きなんだよなあ。福本氏訳も決して悪くないのだけれども、図書館で「ひとまねこざる」と「ジョージ」とを借り比べていると、どうしても微妙な差が気になってしまいます。……私自身の子供の頃の慣れの問題もあるんだろうか。

    しかし、きいろいぼうしのおじさんはつくづくどんなところでもフリーパスだなあ。一体何をして生計を立てている人なのだろう、といつも思う母なのでした(冒険家? デイトレでウハウハな人? それとも石油王の御曹司?)

  • 図書館で息子のために借りる。
    おさるのジョージシリーズ、最新刊。

    ワンパターンといえば
    ワンパターンだけど、
    ジョージがかわいく
    楽しめる。

全9件中 1 - 9件を表示

M.レイの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする