あかちゃんぐまは なにみたの?

制作 : アシュリー・ウルフ  さくま ゆみこ 
  • 岩波書店 (2013年4月25日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001112382

あかちゃんぐまは なにみたの?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 版画を利用した絵が綺麗で、背景に小動物や虫が沢山描かれているところもいい。ストーリーの方は同じことの繰り返しなのでやや単調に感じる。

  • 赤ちゃんぐまがみたものについておかあさんに訊ねます。その内容のかわいらしさに自然のすばらしさを感じました。

  • 赤ちゃんこぐまから巣穴から外を見ると黄色い色が見える。
    あったかくしてくれるのは誰なの?と聞くとお母さんぐまはあれは太陽だと言う。
    黄色い太陽。
    外に出るとさやさや鳴っているものがある。
    お母さんぐまは木だと教える。
    茶色の木。
    緑の葉っぱ、ピンクの花、青い鳥、白い雲、冷たい水、灰色の雲、空に架かる七色の虹。
    一日遊んで疲れたこぐまは巣に戻っておやすみ。
    目を閉じると全ての色が消えてしまう。
    目の裏に見える黒以外は。

    赤ちゃんこぐまが初めて見る外の世界。
    色々な色。
    世界は色、音、光、感覚で溢れている。

    絵本のサイズが結構大きい。
    色遣いと絵柄が一昔前に感じる。
    鮮やかな色遣いではあるものの、カラー版画みたいな黒々として目立つ線が気に入らなかったのかも。

全3件中 1 - 3件を表示

あかちゃんぐまは なにみたの?はこんな本です

ツイートする