青い鳥 (岩波少年文庫 (2002))

  • 18人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 油野 誠一  Maurice Maeterlinck  若月 紫蘭 
  • 岩波書店 (1989年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001120028

青い鳥 (岩波少年文庫 (2002))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チルチルとミチル以外にも光やパン、水、火、牛乳、砂糖、犬、猫が疑似化されて出てくるとは知らなかったし、そもそも戯曲だったとは。
    だから本文は台本のように舞台の情景と登場人物の台詞で出来ている。
    台詞の前に役名があるけれど、それがなくても誰の台詞だか分かる。
    さすが、よく作られていると思う。

    チルチルの緑色のダイヤの帽子や衣装、ミチルの衣装はイメージにあった。
    衣装が細かく決められていたから版ごとの違いがなかったのか。

    「思い出の国」では死んだおじいさんとおばあさん、妹や弟たちと会い、「幸福の御殿」では生きている上での小さな喜びたちが出てくる。
    当たり前だけれどキリスト教色が強い。
    「未来の国」でいいことでも悪いことでも1つは持って生まれなければならないというのが面白い。
    死ぬと分っていても決められた通りに生まれなければならないのか。

    1年の冒険から帰ってきたと思ったチルチルとミチルだけれど、本当は一晩しか立っていなくて、帰ってきたらダイヤの帽子なしでも本当の美しさに気が付く事が出来るというのは、クレヨン王国のラストと似ていると思った。
    案外この辺りから拝借したのだろうか。

    子供向けの絵本ではどのような簡略化されたストーリーなのか気になるところ。

  • 貧しい木こりの子チルチルとミチルが
    幸福の青い鳥を探しに旅に出ます。





  • 読んだ日:2006/03/11

全3件中 1 - 3件を表示

青い鳥 (岩波少年文庫 (2002))のその他の作品

青い鳥 (講談社青い鳥文庫) 新書 青い鳥 (講談社青い鳥文庫) メーテルリンク

メーテルリンクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アクセル ハッケ
荻原 規子
マージェリィ・W...
トミー=アンゲラ...
くどう なおこ
アクセル ハッケ
ルーマー ゴッデ...
有効な右矢印 無効な右矢印

青い鳥 (岩波少年文庫 (2002))はこんな本です

ツイートする