銀のスケート―ハンス・ブリンカーの物語 (岩波少年文庫)

制作 : ヒルダ・ファン・ストックム  石井 桃子 
  • 岩波書店
3.92
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001120059

作品紹介・あらすじ

スケート大会の1等賞の銀のスケート靴と、記憶をなくしたお父さんが埋めたはずの千ギルダー。これらの行方をめぐって、ハンスとグレーテルの兄妹がオランダを舞台にくり広げる感動的な物語。小学上級以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オランダの事が、良く分かる!

  • なんと清々しい読後感。これぞ児童文学。
    お父さんの病気が大分重くって、どうなるやらとドキドキした。名作劇場的なアニメ番組でやんないかな。

  • オランダの歴史書のていもある物語ですね。
    こどもたちの健気なこと、泣いてしまいました。
    とてもこんないい子ではなかった自分は恥ずかしいです。
    最後がハッピーで本当に良かったと思える話かな。書かれた時代が児童文学がこれからという頃だから、これでいいのかも。

  • 『ハンス・ブリンカー』の物語、ながら、オランダの歴史や地理に関する記述も豊富で(訳者が省いても尚、充分な)厚みのある文庫。しかし、引き込まれるように、ほぼ一気に読んでしまった。

    ハンスとグレーテルの父は堤防を守る仕事をしていたが、事故で正気と記憶を失い、十年もたつ。貧しい一家と健気な子ども達の生活や、とりまく人々の不思議な巡り合わせ、父が埋めたはずのお金の行方と、預かった時計の謎…。
    登場する面々の場が切り替わりつつも、流れるように話を追うので読みごたえもあるし、何より、展開していくにつれ、味わえる物語は感動的だ。

    あとがきによれば、アメリカ生まれの作者のメアリー・メイプス・ドッジ夫人によるこの本が出版されたのは1865年で、少年少女小説の先駆とも言われ、また優れた少年少女向け雑誌「セント・ニコラウス」を作った人でもあったそうである。
    そういえば、たまたま最近読んだ、作家のゴールドマン夫妻の古書探訪エッセイの中で、この『銀のスケート』の古書を買うというくだりもあった。今なお読み継がれ、エポックメイキング的なものでもあったのだろう。

  • オランダの兄弟のお話。楽しいスケート遠足の後に、なんとなくつられて読んでしまった。苦労していた兄弟だから、最後はほっとした。

  • オランダ版「ニルス」。
    オランダの歴史や風土を紹介しながらも物語が進んでいく感じです。
    オランダの紹介の部分では多少読むスピードが停滞しますが・・・
    子どもたちの物語やスケートをしている様子などは楽しく読みました。

  • この本はねぇ、子供の頃学校の図書館で読んで、当時はまだオランダという国のことをよく知らなかったんだけど、小説なのか、オランダ紹介本なのか、はたまたオランダ旅行記なのかよくわからない(^^;) ようなところがあるこの本を読み進めながら、想像力をたくましくしていたことを思い出すんですよね~。  と同時にこの本の中でも紹介されている「ハールレムの英雄」というお話(1人の少年がふとしたことで見つけた堤防の水漏れを大災害を予防するために自分の手でふさぐというお話)は、今となっては記憶が定かじゃないんだけど、国語の教科書だったか道徳の教科書だったかにも載っていて、「あ、これはあの『ハンス・ブリンカーの物語』にあったお話だ!」と何だかウキウキしちゃったという思い出もあります。

    (全文はブログにて)

  • 最近、昔読んだ児童書を読み返しています。
    絵が描きたくなる。

  • オランダを舞台にした、強く生きる兄弟の話。本編とは別に進む、少年たちのスケート旅行話が好きだった。

全9件中 1 - 9件を表示

メアリー・メイプスドッジの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリヒ ケスト...
アリソン アトリ...
R.L.スティー...
レフ・ニコラーエ...
ヨハンナ・シュピ...
ミヒャエル・エン...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

銀のスケート―ハンス・ブリンカーの物語 (岩波少年文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする