エミールと探偵たち (岩波少年文庫 (2012))

制作 : ワルター・トリヤー  小松 太郎 
  • 岩波書店
3.63
  • (6)
  • (5)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001120127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 探偵ごっこなのかと思っていたら、子供たちだけでしっかりと本格的な役割配分をして泥棒を追い詰めていて面白い。
    エーミールは見上げた少年だし、ベルリンの子供たちの団結力がすごい。
    山高帽の男がお金を盗んだのがエーミールの勘違いだったらどうしよう…と別の意味で始終ハラハラしていた。

    エーミールみたいに親のことを思いやれたらなあ…。

    『飛ぶ教室』もそうだったし、作者が実際にあったことを思い出して書いているような、ちょっと変わった前書きは毎回あるものなのかな。
    絵入りで重要人物を説明しているのがちょっと絵本みたいで面白い。
    訳が古いせいなのかちょっと時代掛かった言い回しが多かったけれどそれでも読みやすかった。
    ドイツ語をそのままカタカナ表記にしたような表現が多かったような…。

    「エーミール」だと思っていたけれど、この本のタイトルは「エミール」。
    間違えて覚えていたかと思っていたけれど、後ろの方の広告には「エーミールと探偵たち」とあった。
    初期は「エミール」であとから「エーミール」になったのかな。

  • 小松太郎さんの訳が好きです。

  • 地域の図書室でお借りしたので、『エミールと探偵たち』です(新しい版では『エーミールと探偵たち』に)。

    ケストナーの子ども向け小説を読むのは3冊目なんですけど、前書きや各章のタイトルで思いっきりネタバレ(ネタバラシ?)するのに、いざ読むと必ずハラハラドキドキビックリさせられちゃうんですよねえ。
    本作でも、少年エミールと仲間たちの冒険に冷や冷やしっぱなしでした。

    ケストナー先生、本当に「子どもの視点」で書くのがお上手というか、子ども心を文字に変換する術に長けてらっしゃるなあと感じます。子どもが大人の文章力を身に着ける頃には大人になっちゃってるから、子ども心を書こうとしても結局大人心しか書けないんじゃないか、と私などは浅はかにも思うんです。
    ところがひとたびケストナー作品を開くと、まー出てくるわ出てくるわ、「生き生き」通り越して「生々しい」少年少女のオンパレード。特に、子どもが抱える不安や悲しみ、怒り、悪夢、仲間割れ……そんな負の部分が誤魔化さずに描かれているからこそ、彼らの放つ生命力がより際立って見えるのかなー、と。

    まあそんな余計な事は考えずに、彼らの一員となって走り回るのが一番楽しい読み方だって事ですね。

  • プロジェクトを皆でこなす楽しさが描かれてる。そういう意味ではこの本は子供の為のビジネス読本的な性格もあるよね。
    役割分担して仕事を進めていく楽しみは大人が読んでもワクワクする。
    ケストナーは前書きがたまらないね。

  • おばあさんが待つベルリン行きの汽車の中で、大切なお金を盗られてしまったエミールは、仲間とともに泥棒を追うのだった。
    男の子の持つやんちゃさや可愛らしさが、ぎゅっと詰まった作品です。以前「飛ぶ教室」を読んだ時も思いましたが、昔の少女まんがに出てくる男の子たちのような雰囲気があります。エミールの真っ直ぐさや、仲間となるグスタフや教授の義侠心もまぶしいですね。子どもの視点でも、大人の視点でも楽しめる作品です。

  • 2009/
    2009/

  • 初ケストナー

全7件中 1 - 7件を表示

エミールと探偵たち (岩波少年文庫 (2012))のその他の作品

エミールと探偵たち (少年少女ディズニー文庫) ハードカバー エミールと探偵たち (少年少女ディズニー文庫) エーリヒ・ケストナー

エーリヒ・ケストナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
ミヒャエル・エン...
冲方 丁
エーリヒ ケスト...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする