オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))

制作 : E.アーディゾーニ  Cecil Day Lewis  瀬田 貞二 
  • 岩波書店 (1979年発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001120523

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オタバリは、マンチェスター北、ボルトンの西のあたりなのかな。
    そこの「どかん場」とよばれる焼け跡で戦争ごっこをしていた少年たちが盗まれたお金を探すうちに悪人をつきとめる話。

    『トム・ソーヤの冒険』を思いだすのは、大人の悪人と対決するからかな。

    セシル・デイ・ルイスはダニエルのお父さんだそうです。

  • 大好きです。今までで読んだ小説の中で一番好きかもしれません。

全2件中 1 - 2件を表示

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))のその他の作品

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫) 単行本 オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫) セシル・デイ・ルイス

セシル・デイ・ルイスの作品

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))はこんな本です

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))を本棚に登録しているひと

ツイートする