ねこになった少年 (岩波少年文庫 (2138))

著者 : 征矢清
制作 : やまだ 紫 
  • 岩波書店 (1996年11月15日発売)
3.90
  • (9)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001121384

ねこになった少年 (岩波少年文庫 (2138))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実はなかなか重いテーマを扱っていたりしますが、ねこ同士の関係や、ねこ目線での人間との関わりもおもしろいです。最後は感動もあって、ぜひ読んでみてほしい1冊です。

    鹿児島女子短期大学: にゃんた

  • 図書館 借

    猫の目線が素敵。
    でも思ってたより暗いというか、後書きにもあったけど、私も楽しい話のがよかったです。

  • 小学生の頃、図書館で借りて夢中で読んだ本。
    猫なのに、原爆(反戦)がテーマになっていて、読んだあとの切なさがすごく素敵です。
    高校の図書館で再会できたとき感動して、大人になってから買って今でも手元に残してある本。

  • 児童書だけど、今も心に残る一冊。
    ネコの視点で人間の世界を描いていて、核をテーマに扱っているが、子ども向けということで読みやすかったです。
    読後、自分は何ができるのかを考えさせられた本。

  • 2009年7月23日

  • 小学校の頃表紙の猫がかわいくて選んだ。
    でも内容は予想外に重くて目が腫れるくらい泣いた。
    忘れられない。

  • 小学校の頃に読んだ本。何回も何回も借り直しては、本に穴があくほど読んでいた。児童書ながらも子供にだけ読ませるのはもったいない。
    私の人生を決めた本と言ってもいい。今でも忘れられない。
    私を極度のねこ好きにしたのもこの本か。

全9件中 1 - 9件を表示

ねこになった少年 (岩波少年文庫 (2138))のその他の作品

征矢清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
梨木 香歩
有川 浩
フランツ・カフカ
東野 圭吾
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

ねこになった少年 (岩波少年文庫 (2138))に関連する談話室の質問

ねこになった少年 (岩波少年文庫 (2138))はこんな本です

ツイートする